メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄路の行方・JR発足30年

巨額債務を負った国鉄を分割・民営化し、JR旅客6社と貨物1社が誕生して4月1日で30年。民間の知恵による活性化が生まれる一方、地域で廃線が進むなど光と影が交じる。各社の軌道を追った。

  • /3 JR九州 収益へ開発と合理化

     九州に大きな被害をもたらした昨年4月の熊本地震から約10カ月がたった2月27日。熊本県内を走るJR九州の観光列車「かわせみ やませみ」が披露された。「復興の象…

    (2017年03月23日 03:02)

  • /2 JR北海道 地域の足、どう守る

     2月23日、JR北海道札沼(さっしょう)線の終点、新十津川駅(北海道新十津川町)。久しぶりの帰省から自宅のある札幌市に戻ろうとしていた笹木育子さん(78)は「…

    (2017年03月22日 03:38)

  • /1 JR東日本 開発シフト鮮明

     「駅周辺のマチづくりを行い、地域経済を元気にする」。2月10日、旧JR品川車両基地跡(東京都港区)であった「品川開発プロジェクト」の起工式。JR東日本の冨田哲…

    (2017年03月21日 03:22)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 安倍昭恵夫人付官邸職員の回答ファクス(全文)
  2. 博多大吉 武田鉄矢から「やんのか、きさん!」と“キレられた”過去を激白
  3. 森友学園 籠池氏「2人の時、昭恵夫人から100万円」
  4. カルビー パクチー味のポテチ発売 袋開ければ香りが…
  5. 森友学園 籠池氏、昭恵夫人寄付「名誉なこと。記憶鮮明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです