メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外安倍首相、自民党総裁選で3選 石破氏破る

鉄路の行方・JR発足30年

巨額債務を負った国鉄を分割・民営化し、JR旅客6社と貨物1社が誕生して4月1日で30年。民間の知恵による活性化が生まれる一方、地域で廃線が進むなど光と影が交じる。各社の軌道を追った。

  • 解決すべき課題山積 経営環境大きく変化 /北海道

     JR北海道の発足から30年が経過し、経営を取り巻く環境は大きく変化、解決すべき課題が山積している。 ◇鉄路縮小 発足直後の1988年の運行路線は、道内20線区…

    (2017年3月31日 10:54)

  • JR北・島田修社長に聞く 民営化、一定の成果 安全問題で経営危機に /北海道

     国鉄の分割・民営化でJR北海道が誕生して、4月1日で30年を迎える。経営危機にある中、次の30年をどう見据えるのか。これまでの歩みを振り返りつつ、島田修社長に…

    (2017年03月31日 10:53)

  • /5止 JR西日本、四国 「罰」より事故予防

     「ミスをした場合、『乗務から戻ったら何を言われるんやろ』とビクビクしていた。そんなプレッシャーがなくなった」。JR西日本の30代の男性運転士が胸中を明かした。…

    (2017年3月26日 15:12)

  • /5止 JR西日本・四国 「罰」より事故予防

     「ミスをした場合、『乗務から戻ったら何を言われるんやろ』とビクビクしていた。そんなプレッシャーがなくなった」。JR西日本の30代の男性運転士が胸中を明かした。…

    (2017年3月26日 03:27)

  • /5止 JR西・四国 競争・安心 課題なお

     「ミスをした場合、『乗務から戻ったら何を言われるんやろ』とビクビクしていた。そんなプレッシャーがなくなった」。JR西日本の30代の男性運転士が胸中を明かした。…

    (2017年3月25日 16:32)

  • /4 JR東海 リニア「自前」に国の影

     1日平均約41万人が利用するJR東海の名古屋駅。昨年12月、地下約30メートルでリニア駅を整備する工事の起工式があり、柘植(つげ)康英社長は「在来線の直下で工…

    (2017年03月24日 03:03)

  • /3 JR九州 収益へ開発と合理化

     九州に大きな被害をもたらした昨年4月の熊本地震から約10カ月がたった2月27日。熊本県内を走るJR九州の観光列車「かわせみ やませみ」が披露された。「復興の象…

    (2017年03月23日 03:02)

  • /2 JR北海道 地域の足、どう守る

     2月23日、JR北海道札沼(さっしょう)線の終点、新十津川駅(北海道新十津川町)。久しぶりの帰省から自宅のある札幌市に戻ろうとしていた笹木育子さん(78)は「…

    (2017年03月22日 03:38)

  • /1 JR東日本 開発シフト鮮明

     「駅周辺のマチづくりを行い、地域経済を元気にする」。2月10日、旧JR品川車両基地跡(東京都港区)であった「品川開発プロジェクト」の起工式。JR東日本の冨田哲…

    (2017年03月21日 03:22)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  2. 国立病院機構 大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです