メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美とあそぶ

  • レイザーラモンHGさん/4止 憧れの人、描く手にも力

     「一発屋」にとって、さんまさんは毎日ホームランを打つ雲の上の人。それだけに冠番組「さんまのまんま」視聴者プレゼント用のデザインを頼まれた時はうれしかったですね…

    (2019年3月18日 14:19)

  • レイザーラモンHGさん/3 絵が気持ちをプラスに

     東京・原宿でのイベントに合わせ、僕が初めて描いた女の子の絵です。普段、いかつい男ばかりを描いていますが、この時ばかりは「スタイルブック」で猛勉強し、ハイヒール…

    (2019年3月11日 13:01)

  • レイザーラモンHGさん/2 一発屋も「時代の指標」

     2005年、ぴちぴちの黒革ベストにサングラス姿の「ハードゲイ」でブレークしました。この自画像は、キャンバスにアクリル絵の具を用い、完成に2~3カ月かけた作品。…

    (2019年3月4日 12:06)

  • レイザーラモンHGさん/1 褒められてうれしくて

     小学3~4年生の頃、漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」に連載されていた「北斗の拳」にハマり、夢中で登場人物をまねて描きました。学校で同級生たちは「すごい!」「うまい…

    (2019年2月25日 12:45)

  • 浅野忠信さん/4止 絵の中を風が吹く

     ドローイングをするのは主に撮影の待ち時間や移動中、自宅も多いですね。紙は大体コピー用紙ですが、資料の裏や食べ物の袋を使うことも。筆はボールペンや万年筆、漫画用…

    (2019年2月18日 12:56)

  • 浅野忠信さん/3 「作業している人」が好き

     2011年、アメリカンコミックスを実写化した映画「マイティ・ソー」でハリウッドデビューしました。出演を機に子供の時からのアメコミ愛が再燃。本やグッズを集め、漫…

    (2019年2月4日 12:32)

  • 浅野忠信さん/2 子どもに教えられた

     個展を開催中のワタリウム美術館でワークショップをやらせてもらったことがあります。小さいノートを絵で埋めて絵本をつくる内容でしたが、小学3年生ぐらいの男の子が真…

    (2019年1月28日 12:40)

  • 浅野忠信さん/1 自分のスタイル見つけた

     絵を描くのは癖というか、日常の一部ですね。3歳ごろから始めて、大きくなると漫画をまねしたり、好きなオートバイや最近のこの絵のようにシュールな図を描いたり。俳優…

    (2019年1月21日 14:36)

  • 石井正則さん/4止 歴史の中の光景を残す

     昔、「写真を撮られると魂を抜かれる」と考えられていたことが、どこか分かるような気がしています。フィルムには、写したその場の光そのものがある、と感じるんですよね…

    (2019年1月7日 12:16)

  • 石井正則さん/3 「駄カメラ」でもきれいに

     デジタルカメラがこれだけ発達した今、なぜフィルムで?と聞かれることがあります。僕としては、自転車とオートバイの違いのようなものだと思っているんです。移動という…

    (2018年12月17日 12:40)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです