メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

自然を主題にした作品で知られる作家、C・W・ニコルさんのコラムを始めます。

  • 田舎暮らしは何事も経験=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 東京ではサクラの見ごろもとうに過ぎたころ、黒姫のわが家のサクラは満開を迎えた。雪国では、サクラの開花と時を同じくしてハクモクレン…

    (2018年05月16日 02:05)

  • 春の到来告げる、フキノトウ=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 春がすぐそこまで来ている。雪が解け、木々の幹を丸く囲むように根元の土が見え始め、鳥居川は白く水しぶきをあげて流れていく。だが、か…

    (2018年04月18日 02:27)

  • 守りたい、希望与えた場所=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 2011年の東日本大震災の後、C・W・ニコル・アファンの森財団は宮城県東松島市から小学校移設に向けての支援を求められた。その中心…

    (2018年03月21日 02:08)

  • 東京の“大雪”でぎゅうぎゅう詰め=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 1月23日の午後、上京した。東京駅では、タクシー乗り場に長蛇の列ができていたため、地下鉄を利用した。まだ夕方の4時ごろだというの…

    (2018年02月21日 02:03)

  • 楽しみな客人を迎える季節=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 今、ひとり書斎にいる。母屋から100メートルほどの距離にある建物の3階だ。2階は私用のジムで、物置代わりの1階は、以前はアファン…

    (2018年01月24日 02:03)

  • 自然のお裾分けで食卓豊か=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 英国で過ごした少年時代--1940~50年代にかけての記憶に残る芳しい匂い、それは焼き栗(ぐり)の匂いだ。通りでは、物売りがまき…

    (2017年12月20日 02:03)

  • 里山ではまきを使うのが賢明=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 里山のきれいに積まれたまきは心和む風景だ。しかし、今年に限って言えば、このまきが悩みの一つ--うちの敷地に山積みされた大量の丸太…

    (2017年11月22日 02:02)

  • 北極で今、起きていること=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> この夏、北極滞在中も8月中旬に長野に戻ってからも、しばしば大雨に見舞われた。とはいえ、米テキサス州などを襲った熱帯性暴風雨のすさ…

    (2017年10月25日 02:03)

  • 森林火災のリスク、減らすには=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> グリーンランドやカナダ・北極地方を巡る旅からの帰途、ノースバンクーバーで数日を過ごした。バンクーバー国際空港を出たとたん、厚い“…

    (2017年09月27日 02:02)

  • 長旅へ 身だしなみも大切に=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 私は今、グリーンランドへの旅支度をしている。現地ではクルーズ船に乗り込み、グリーンランドの壮大なフィヨルドにある集落を目指す。そ…

    (2017年08月30日 02:03)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  3. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです