メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村文則の書斎のつぶやき

芥川賞作家・中村文則さんが、いろいろな場所の「書斎」から、さまざまなことをつぶやきます。

  • 納得できる説明をしない政治家

     コロナ禍でほとんど家にいるため、これを機に断捨離をしたいと思った。一つの部屋が本で埋まっている。一部を寄付しようと考えた。 だがやってみると、いろいろ懐かしく…

  • 危機感のない政治、永遠に

     テレビで昔、芸人さんが自分の夫について話していた。夫が女性の香水の匂いを漂わせて帰宅したので問い詰めると「いや、……実は何者かが突然目の前に現れ、吹きかけられ…

  • すっきりした説明を

     もし観(み)ているテレビドラマや映画が、こんなふうだったらどうだろう。 架空の国の首相が、本来任命されるはずだった学術会議の学者を排除し、その理由を説明しない…

  • 機能しないマスコミ

     報道に触れると、やれ菅義偉首相が苦労人であるとか(別にお金持ちの生まれだが)、パンケーキが好きだとか(いや、というか、大体の人は好きだろう)、とにかく好感を抱…

  • 首相への忖度、被害は国民に

     首相が突然辞任する事態となった。 このコロナ禍において、今ほど、国民にとって政治が必要な時はない。安倍首相の任期中、今ほど、トップの重要性を問われる時期はない…

  • コロナから逃げる政権

     台湾が7人、韓国が31人、日本が1534人。この原稿を書いている8月1日に発表された、新型コロナウイルスの1日の新規感染者数である。台湾の7人中6人、韓国の3…

  • 「ステイホーム」と言えず

     新型コロナウイルスの流行で緊急事態宣言が出されていた時、どうしても「ステイホーム」と言えなかった。 内心では、今の時期はウイルスの流行を封じ込めるため「ステイ…

  • 風通しのいい政権に

     コロナ禍で気持ちが沈むが、こんな時こそ、未来を見たい。 次の政権が、こんな政権だったらいいなと、想像してみたい。希望を持ちたい。 どんな政権がいいだろうか。僕…

  • 「自粛」と「忖度」

    「できるだけ早期に」「かつてない強大な政策パッケージを練り上げ」「きめ細かな支援」「かつてない規模の」「今、考えているところでございます」 有事の時、具体性のな…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです