メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・サヘル・ローズ

  • 瞳に映る風景 愛は残酷

     人間の愛って強い。強くて暴走する時がある。そう、言葉が凶器になるように、愛もまた武器になる。相手を生かすこともあれば、愛で相手を殺してしまうこともある。 私が…

    (2017年9月25日 02:07)

  • 瞳に映る風景 笑わなくていい

     笑わなくていい。このシンプルなひと言に私は何度も救われた。口角を上げていると確かに周りを包み込む空気は変わります。笑顔はいい感染菌だと思います。そして幸せの呼…

    (2017年08月21日 02:05)

  • 瞳に映る風景 心の居所はどこ?

     裏切られても、それでも信じ続けてしまう。そんな私は昔から考えてしまう。「心の居所」は、いったいどこ? 脳の中? 心臓の中? いいえ、脳ではない気がします。脳は…

    (2017年7月24日 02:02)

  • 瞳に映る風景 真実の声を聞いて

     地球のサイズが変わっていないのに、なぜか足場がどんどん狭くなっていく感覚。世の中で起きている人種差別や人権侵害によって居場所を失っていく多くの人々。彼らは生ま…

    (2017年06月26日 02:04)

  • 瞳に映る風景 3秒の魔法で意識変え

     3秒の魔法。どんな方でも使える簡単な魔法です。3秒は時間の瞬き。この瞬きにこそ、大事なメッセージが隠されていると思います。 個人的なことではありますが、201…

    (2017年05月22日 02:15)

  • 瞳に映る風景 喫茶店で「今」を吸収

     私は考えるのが好き。喫茶店の窓際にすわってお茶を楽しむのが休日の癒やしです。普段は見落としてしまう街並みや人々のさまざまな表情が色彩豊かだからです。お茶をしな…

    (2017年04月17日 03:03)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです