メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西鉄ライオンズ最強伝説

今なおプロ野球ファンを魅了する西鉄ライオンズ。その軌跡をOBや関係者、そして「西鉄ライオンズ研究会」の証言と記録などで振り返る。

  • エピローグ 福岡を去る

     1958年に3年連続日本一を果たした西鉄ライオンズの栄華は長くはなかった。翌年は4位で、故三原脩監督は大洋ホエールズに移り、後を継いだ故川崎徳次監督も2年連続…

    (2017年9月29日 14:19)

  • 黄金期編/8 野武士の真相

     1958年、日本シリーズ3連覇を果たした西鉄ライオンズは「野武士軍団」とも呼ばれた。グラウンド外での豪快なエピソードが元になっているが、本人たちは自著などでや…

    (2017年09月22日 14:51)

  • 黄金期編/7 「神様」への告白

     負ければ西鉄ライオンズの3連覇が消える1958年の巨人との日本シリーズ第5戦。西鉄は九回に追いつき延長に入った。四回から登板して無失点に抑えていた故稲尾和久さ…

    (2017年09月15日 15:49)

  • 黄金期編/6 豊田のバント

     1958年の巨人との日本シリーズで1勝はしたものの3敗と後のない西鉄ライオンズ。平和台球場(福岡市)での第5戦は「豊田のバント」が語り継がれる。 西鉄は土壇場…

    (2017年09月08日 15:19)

  • 黄金期編/5 3連敗、そこから

     3年連続日本一を目指す1958年の西鉄ライオンズは、オールスター戦前に首位・南海ホークスに11ゲーム差もつけられた。野手に故障者が相次ぐなどして低迷し、リーグ…

    (2017年9月1日 16:46)

  • 黄金期編/4 絶頂57年

     初の日本一に輝いた西鉄ライオンズは翌1957年、絶頂を迎えた。1番打者として活躍した高倉照幸さん(82)に印象を聞いても「いやあ、もう楽勝だったから思い出がな…

    (2017年8月25日 17:42)

  • 黄金期編/3 初の日本一

     「巌流島の決闘」--。西鉄ライオンズが2度目のリーグ優勝を果たした1956年、セ・リーグは巨人が制した。日本シリーズは故三原脩・西鉄監督と故水原茂・巨人監督の…

    (2017年8月11日 16:29)

  • 黄金期編/2 「鉄腕稲尾」でV街道

     1954年にパ・リーグを初制覇した西鉄ライオンズ。中日ドラゴンズに3勝4敗で敗れ、日本一は逃したが、チームは確かな自信を得た。そして56年、大きく飛躍する。後…

    (2017年7月28日 16:56)

  • 黄金期編/1 「流線型」2番は強打者

     「スピードを一番出しやすいのが流線型という理論を野球にあてはめられないか。打順だ。一番より二番、二番より三番とカーブをあげて、四番(最強打者)を頂点として五番…

    (2017年7月21日 16:31)

  • 草創期編/8 「よそ者」豊田入団

     1952年、西鉄ライオンズは中西太さん(84)、故大下弘さんという打線の核ができたが3位に終わった。故三原脩監督と球団は新陳代謝を加速し、53年は一気に17人…

    (2017年7月14日 16:35)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  3. 白鵬が全勝優勝 最多更新の42回目 横綱対決制す
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです