メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

団栗

渡辺政隆・筑波大学サイエンスコミュニケーター/教授の科学コラム。日曜版に連載。

  • 渋柿の化学=渡辺政隆

     <団栗(ドングリ)> 冬が訪れ、すっかり葉を落としたわが家の柿の木。まだたくさん実がついているのは渋柿だから。一部は渋抜きしてさわし柿にしたが、全部は処理しき…

    (2018年12月16日 04:01)

  • 自然淘汰のしっぽをつかむ=渡辺政隆

     <団栗(ドングリ)> 自然界の造形の妙の一つに擬態という現象がある。毒がないチョウがドクチョウそっくりだったり、毒針のないハナアブがハチそっくりだったりするあ…

    (2018年11月11日 04:02)

  • 諸刃の剣=渡辺政隆

     <団栗(ドングリ)> 「ドードーのように死んでいる」(As dead as a dodo)という英語表現がある。ドードーとは、インド洋の孤島モーリシャスに生息…

    (2018年10月7日 04:02)

  • 火付け鳥?=渡辺政隆

     <団栗(ドングリ)> 北半球を猛暑が襲った今年の夏。アメリカ西海岸やヨーロッパでは大規模な森林火災が発生した。大きな経済的損失をもたらしたわけだが、本来の自然…

    (2018年9月2日 06:20)

  • 巨大な花の誘惑=渡辺政隆

     <団栗(ドングリ)> 先日、国立科学博物館筑波実験植物園で巨大な花が咲いた。高さ240センチ、直径106センチに達したショクダイオオコンニャクの花だ。花全体の…

    (2018年7月29日 04:01)

  • アースの贈り物?=渡辺政隆

     <団栗(ドングリ)> お気に入りの女優さん勢ぞろいで、NHKの朝ドラ「半分、青い。」にハマっている。懐かしいネタがちりばめられていることもうれしい。中でもマグ…

    (2018年6月24日 04:03)

  • 蜜の味=渡辺政隆

     花は受粉を確実にするために、甘い蜜を虫たちに提供する。ミツバチの働きバチは、巣(コロニー)の幼虫を養うために花の蜜と花粉を集め、ついでに受粉に貢献する。 マル…

    (2018年5月20日 04:01)

  • 犬のミカタ=渡辺政隆

     <団栗(ドングリ)> 誰にも、お気に入りの名言がある。名言たる条件は、言い得て妙であること。たとえば、「すべての西洋哲学はプラトンへの脚注と言ってよい」は、ま…

    (2018年4月15日 04:01)

  • 再び空を飛びたい鳥たち=渡辺政隆

     ニュージーランドの国鳥キウイ。キウイフルーツのようにずんぐりした鳥で、空は飛べず、森の地面をうろついている。じつはこの鳥、ダチョウと同じ「走鳥類」というグルー…

    (2018年3月11日 04:01)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 女の気持ち 反省 熊本県玉名市・立石史子(65歳)
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです