メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名王者が語る

世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ(15日、島津アリーナ京都)で、同級王者の山中慎介(34)=帝拳=が、同級1位のルイス・ネリ(22)=メキシコ=を相手に、世界王座13連続防衛の男子の日本記録に挑む。1980年に達成した世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級の具志堅用高以来、37年ぶりの快挙がかかる。具志堅さんをはじめ世界に名をとどろかせた元王者3人が記録挑戦の意義や山中の強さを語る。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪スケート 小平、親友の李相花と競い合い
  2. 将棋 里見香奈、女性初の棋士遠のく 奨励会退会決まる
  3. 五輪スケート 小平が「金」日本女子では初 500m
  4. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し
  5. イオンモール スペースワールド跡地 21年新施設めざす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです