メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名王者が語る

世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ(15日、島津アリーナ京都)で、同級王者の山中慎介(34)=帝拳=が、同級1位のルイス・ネリ(22)=メキシコ=を相手に、世界王座13連続防衛の男子の日本記録に挑む。1980年に達成した世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級の具志堅用高以来、37年ぶりの快挙がかかる。具志堅さんをはじめ世界に名をとどろかせた元王者3人が記録挑戦の意義や山中の強さを語る。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです