メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6度目のW杯へ

サッカー日本代表が6大会連続6度目のワールドカップ(W杯)出場を決めた。2015年3月から指揮を執るハリルホジッチ監督は、日本にこれまでなかった新たな風を吹き込み、大きな変革を施した。一方で、監督の指揮への対応には、選手によって微妙な違いも見える。来年6月に始まるW杯ロシア大会に向け、最終予選の戦いを振り返り、課題を探った。

  • サッカー日本代表/下 理解深め、磨きを

     今年6月、テヘランでの最終予選イラク戦の前日。岡崎(レスター)は報道陣の質問に苦笑いした。「そこを今、すり合わせながら。(監督就任から)3年目で、そういう話し…

  • サッカー日本代表/中 チャンス与え好循環

     異例の光景だった。ワールドカップ(W杯)予選でオーストラリアを破りロシア大会出場を決めた翌日の1日。ストレッチでゆっくりと激戦の疲れをいやす21歳の井手口(ガ…

  • サッカー日本代表/上 柔軟な布陣・戦術

     サッカー日本代表が6大会連続6度目のワールドカップ(W杯)出場を決めた。2015年3月から指揮を執るハリルホジッチ監督は、日本にこれまでなかった新たな風を吹き…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです