メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6度目のW杯へ

サッカー日本代表が6大会連続6度目のワールドカップ(W杯)出場を決めた。2015年3月から指揮を執るハリルホジッチ監督は、日本にこれまでなかった新たな風を吹き込み、大きな変革を施した。一方で、監督の指揮への対応には、選手によって微妙な違いも見える。来年6月に始まるW杯ロシア大会に向け、最終予選の戦いを振り返り、課題を探った。

  • サッカー日本代表/下 理解深め、磨きを

     今年6月、テヘランでの最終予選イラク戦の前日。岡崎(レスター)は報道陣の質問に苦笑いした。「そこを今、すり合わせながら。(監督就任から)3年目で、そういう話し…

    (2017年09月04日 03:50)

  • サッカー日本代表/中 チャンス与え好循環

     異例の光景だった。ワールドカップ(W杯)予選でオーストラリアを破りロシア大会出場を決めた翌日の1日。ストレッチでゆっくりと激戦の疲れをいやす21歳の井手口(ガ…

    (2017年9月3日 03:13)

  • サッカー日本代表/上 柔軟な布陣・戦術

     サッカー日本代表が6大会連続6度目のワールドカップ(W杯)出場を決めた。2015年3月から指揮を執るハリルホジッチ監督は、日本にこれまでなかった新たな風を吹き…

    (2017年09月02日 03:35)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです