メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

「鳥瞰(ちょうかん)」とは空を飛ぶ鳥のように全体を大きく眺め渡すという意味です。1988年ソウル五輪競泳男子100メートル背泳ぎの金メダリストであり、海外留学経験も豊富な鈴木長官が、幅広い視野で2020年東京五輪・パラリンピックに向けたスポーツ界を展望します。

  • 若者がひらく新競技=鈴木大地

     日本人としてうれしく、誇らしい「対面」だった。今月、ユース五輪の激励、視察などで南米諸国を訪れた。そのうちの1カ所、ペルーのナショナルトレーニングセンター(N…

    (2018年10月27日 02:59)

  • アジア大会 五輪に弾み=鈴木大地

     インドネシアのジャカルタとパレンバンで行われていた第18回アジア大会が2日に閉幕した。日本選手団が獲得した金メダル数は、前回大会の47個から75個へと大幅に増…

    (2018年09月14日 03:13)

  • 五輪施設、新しく活用=鈴木大地

     近代五輪発祥の地であるギリシャ。2004年に夏季五輪が行われたアテネの競技会場は現在使われておらず、荒廃しているという話を聞いていた。だが先日、現地を訪れてみ…

    (2018年8月2日 03:07)

  • 立ち直った姿にエール=鈴木大地

     アメリカンフットボールで日大選手が関学大選手に悪質なタックルをした問題は、日大選手が自ら記者会見する事態に発展した。状況が刻々と変化しているので詳しい言及は避…

    (2018年5月29日 03:19)

  • 「科学の目」競技に活用=鈴木大地

     100分の1秒を争う記録競技出身のせいか、採点競技は「分かりにくい」と感じていた。だが、採点競技には人工知能(AI)などを活用した「科学の目」が入り、競技の公…

    (2018年4月28日 02:56)

  • 選手優先の大会運営を=鈴木大地

     2020年東京五輪・パラリンピックの直前大会となる平昌冬季大会を視察、激励してきた。五輪では現地に到着早々、フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)の連覇に…

    (2018年3月25日 03:13)

  • 五輪で活躍、子供に夢=鈴木大地

     平昌冬季五輪が1週間後に開幕する。先月12日には、韓国・仁川で聖火ランナーを務めてきた。光栄なことに2004年アテネ五輪、12年ロンドン五輪に続く3回目の聖火…

    (2018年2月2日 03:42)

  • 高潔性、更なる自覚を=鈴木大地

     2017年もスポーツシーンで若手が躍進した。特筆すべきなのは、陸上男子100メートルで日本勢初の9秒台となる9秒98をマークした桐生祥秀(東洋大)だ。人類が初…

    (2017年12月29日 03:09)

  • 極上のラグビーW杯に=鈴木大地

     2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の試合日程と会場が発表され、準備が着々と進んできた。開幕戦は9月20日、東京スタジアム(味の素スタジアム)で…

    (2017年11月18日 02:37)

  • 「スポーツ」もっと身近に=鈴木大地

     3連休の最終日となった9日は「体育の日」だった。皆さんもスポーツを楽しまれただろうか。かつては1964年東京五輪開幕日の10月10日だったが、2000年からは…

    (2017年10月12日 05:48)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです