メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

「鳥瞰(ちょうかん)」とは空を飛ぶ鳥のように全体を大きく眺め渡すという意味です。1988年ソウル五輪競泳男子100メートル背泳ぎの金メダリストであり、海外留学経験も豊富な鈴木長官が、幅広い視野で2020年東京五輪・パラリンピックに向けたスポーツ界を展望します。

  • 「科学の目」競技に活用=鈴木大地

     100分の1秒を争う記録競技出身のせいか、採点競技は「分かりにくい」と感じていた。だが、採点競技には人工知能(AI)などを活用した「科学の目」が入り、競技の公…

    (2018年4月28日 02:56)

  • 選手優先の大会運営を=鈴木大地

     2020年東京五輪・パラリンピックの直前大会となる平昌冬季大会を視察、激励してきた。五輪では現地に到着早々、フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)の連覇に…

    (2018年3月25日 03:13)

  • 五輪で活躍、子供に夢=鈴木大地

     平昌冬季五輪が1週間後に開幕する。先月12日には、韓国・仁川で聖火ランナーを務めてきた。光栄なことに2004年アテネ五輪、12年ロンドン五輪に続く3回目の聖火…

    (2018年2月2日 03:42)

  • 高潔性、更なる自覚を=鈴木大地

     2017年もスポーツシーンで若手が躍進した。特筆すべきなのは、陸上男子100メートルで日本勢初の9秒台となる9秒98をマークした桐生祥秀(東洋大)だ。人類が初…

    (2017年12月29日 03:09)

  • 極上のラグビーW杯に=鈴木大地

     2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の試合日程と会場が発表され、準備が着々と進んできた。開幕戦は9月20日、東京スタジアム(味の素スタジアム)で…

    (2017年11月18日 02:37)

  • 「スポーツ」もっと身近に=鈴木大地

     3連休の最終日となった9日は「体育の日」だった。皆さんもスポーツを楽しまれただろうか。かつては1964年東京五輪開幕日の10月10日だったが、2000年からは…

    (2017年10月12日 05:48)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. 葉山3人死傷ひき逃げ 懲役11年判決…横浜地裁
  3. 漫画喫茶殺人 フロア内追い回し刺す 名古屋
  4. 訃報 朝丘雪路さん82歳=女優、歌手、舞踊家で活躍
  5. 原爆投下時の映像 長崎きのこ雲の背後に黒煙 各地で空襲

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです