メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

「鳥瞰(ちょうかん)」とは空を飛ぶ鳥のように全体を大きく眺め渡すという意味です。1988年ソウル五輪競泳男子100メートル背泳ぎの金メダリストであり、海外留学経験も豊富な鈴木長官が、幅広い視野で2020年東京五輪・パラリンピックに向けたスポーツ界を展望します。

  • 高潔性、更なる自覚を=鈴木大地

     2017年もスポーツシーンで若手が躍進した。特筆すべきなのは、陸上男子100メートルで日本勢初の9秒台となる9秒98をマークした桐生祥秀(東洋大)だ。人類が初…

    (2017年12月29日 03:09)

  • 極上のラグビーW杯に=鈴木大地

     2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の試合日程と会場が発表され、準備が着々と進んできた。開幕戦は9月20日、東京スタジアム(味の素スタジアム)で…

    (2017年11月18日 02:37)

  • 「スポーツ」もっと身近に=鈴木大地

     3連休の最終日となった9日は「体育の日」だった。皆さんもスポーツを楽しまれただろうか。かつては1964年東京五輪開幕日の10月10日だったが、2000年からは…

    (2017年10月12日 05:48)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方 元日馬富士暴行事件の見解公表
  2. 中塩美悠の青いバラ 頭を一度白紙に戻すと決心
  3. 池田動物園 開園65年、存続の危機 園長は陛下の姉
  4. 野田元首相 SPゼロにぼやき「ドア開閉の人いない」
  5. 岩波書店 広辞苑「しまなみ海道」説明誤り 「大島」違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです