メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点検・安倍政治5年

安倍政権は第2次内閣発足から今月26日で丸5年を迎える。5年間の軌跡を点検する。

  • /5止 数の力、国会空洞化

     ◇「丁寧に説明」なし崩し 「衆院選は小選挙区・比例の双方で、過去3回の総選挙では最も高い得票数をいただいた」。安倍晋三首相は19日の講演で、10月の衆院選以降…

    (2017年12月23日 03:31)

  • /4 トランプ氏の「指南役」

     ◇米国との絆強調 「中国は制裁にも協力的で、圧力強化に真剣に取り組んでいる」。北朝鮮の弾道ミサイル発射直後に行われた11月29日朝の日米首脳電話協議。「北朝鮮…

    (2017年12月22日 03:01)

  • /3 改憲実現へ試行錯誤

     ◇提案しては沈黙 3月上旬。安倍晋三首相は親しい保守系議員をひそかに首相官邸に招いた。憲法9条1項(戦争放棄)と2項(戦力不保持)を残し、自衛隊を明記する改憲…

    (2017年12月21日 02:07)

  • /2 官邸支配、沈む霞が関

     ◇無視できぬ意向 今月4日、財務省幹部が首相官邸を訪れ、年収800万円超の会社員を「高所得者」として所得増税する税制改革案を、安倍晋三首相や菅義偉官房長官に説…

    (2017年12月20日 02:21)

  • /1 「政高党低」変化の兆し 続く「1強」 官邸主導に不満

     ◇低姿勢で訴え 「皆さんの意見を謙虚に受け止め反映したい」。今月4日夜、安倍晋三首相は国会近くのホテルに自民党の竹下亘総務会長ら党総務会メンバーを集め、あいさ…

    (2017年12月19日 02:28)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. NGT暴行被害、新潟知事が言及「早く解明し正常に戻って」
  4. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  5. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです