メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・パラスポーツ

  • 桜美林大シンポジウム「オリ・パラの世界」

     ◇個性を生かし交ざり合う社会づくりへ 2020年東京オリンピック・パラリンピックを約2年後に控えた7月15日、桜美林大学が町田キャンパス(東京都町田市)でシン…

    (2018年09月10日 09:56)

  • 英国パラ委員会トークイベント

     ◇レガシー(遺産)からモメンタム(推進力)へ 英国パラリンピック委員会(BPA)のティム・ホリングスワースCEO(最高経営責任者)が今年5月に来日し、東京都千…

    (2018年08月10日 09:56)

  • 荒井秀樹(パラノルディックスキー日本代表監督)

     ◇「情熱は磁石だ」 開拓者の挑戦は続く 青空が包む3月17日の平昌冬季パラリンピック会場。ノルディックスキー日本代表監督、荒井秀樹(63)の笑顔がはじけた。距…

    (2018年07月10日 09:56)

  • 初瀬勇輔(視覚障害者柔道)

     ◇障害者が普通に働ける社会を作りたい パラスポーツの体験会で、ほぼ必ず見かける柔道家がいる。滑らかな口調と、軽快なトークが人を引き寄せる。声の主は、2008年…

    (2018年06月08日 09:56)

  • 障害者の法定雇用率アップ あいおいニッセイ同和損保の支援

     ◇選手が同僚になり社員に一体感 企業等に義務付けられた障害者の法定雇用率が4月から0.2ポイント上がり、民間企業で全従業員の2.2%となった。一方、昨年12月…

    (2018年05月10日 09:56)

  • トークイベント「挑む 東京2020へ」

     ◇「共生社会」の在り方を考える パラリンピック選手の現状や課題を学ぶトークイベント「挑む 東京2020へ」(毎日新聞社主催、日本パラリンピック委員会=JPC=…

    (2018年04月10日 09:56)

  • パラリンピック 歴史と意義

     ◇リハビリから競技スポーツへ 五輪の熱戦が繰り広げられた韓国・平昌で3月9~18日に開かれる冬季パラリンピックには、6競技・80種目に約670人の選手が参加予…

    (2018年03月09日 09:56)

  • マセソン美季(日本財団パラリンピックサポートセンター)

    ◇教材「I’mPOSSIBLE」で理解促進 常用する車いすから見上げたカウンターの先で航空会社の地上職員が放った言葉に、マセソン美季(44)=旧姓・松江=は耳を…

    (2018年02月09日 09:56)

  • 芦田創(パラ陸上)

     ◇走り幅跳び 「五輪選手とも戦いたい」 東京2020大会を前に、障害者の国際スポーツ大会「パラリンピック」の話題が増えた。だが、「パラって、よく分からない」と…

    (2018年01月10日 09:56)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです