メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東ちづるのLet’sまぜこぜ!

障害や病気、性別など、さまざまな違いをプラスにして「まぜこぜ」社会の実現を目指し活動する女優、東ちづるさんが、その思いや取り組みをつづります。

  • トライ・アンド・エラーを重ねる

     どんな状況でも、どんな状態でも、誰も排除しない、されない「まぜこぜの社会」を目指す一般社団法人「Get in touch」をなぜ設立したのか? 前回の続きです…

    (2018年8月19日 04:02)

  • 無邪気なエールでいいのか

     連載4回目です。そろそろ、誰も排除しない「まぜこぜの社会」をめざす一般社団法人「Get in touch」を設立したいきさつを。その前に、そもそも社会的な活動…

    (2018年7月15日 04:02)

  • LGBT啓発映画を作った!

     まさか映画をつくることになるなんて、思ってもいませんでした。ですが、長年にわたったいろいろなモヤモヤが重なって、「撮るしかない!」となったわけです。 まずは1…

    (2018年6月10日 04:01)

  • 一緒にいれば、わかってくる

     今年もこの時期がやってきました。全国から大勢の人が色とりどりのスタイルで集い、東京の代々木公園から渋谷の街が虹色に染まる「東京レインボープライド」。 2012…

    (2018年05月06日 04:01)

  • 青く輝く「自閉症啓発デー」

     今回から連載スタートです。ご笑読いただけるとありがたいです。 私の職業は女優・タレントです。その本業以外に、一般社団法人Get in touchの代表(理事長…

    (2018年04月01日 04:02)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
  2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです