メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫といっしょに年をとる

高齢化社会が進む中、ともに老いていく飼い猫との向き合い方について、長年猫と暮らす動物ライター、加藤由子さんがエッセーをつづります。

  • ふれあい教室=加藤由子

     近くに住む友人が孫を連れてやって来た。3歳の男の子であるその孫は「猫さんが見たい」と言い、友人は「ちょっと用事をすませてくる」と言って出て行った。孫はソファで…

    (2019年02月17日 04:04)

  • 私の顔はのっぺらぼう?=加藤由子

     1匹だけで飼われるようになって以降、チビは甘ったれになったとはいえ、どうしても越えられない壁があった。それは、私の顔に自分の顔を密着させることができないという…

    (2019年02月10日 04:02)

  • そばにいるのに=加藤由子

     チビは昼間のほとんどをソファで寝て過ごしている。目が覚めたときに私の姿がないと、例の「ヤギ声」で鳴きながら歩き回る。寂しいのはわかるが、一日中、猫と昼寝をする…

    (2019年02月03日 04:02)

  • ヤギが鳴いてる?=加藤由子

     甘ったれの猫ほど、よく鳴く。子猫気分が強いからだ。「甘える」とは依頼心の表れであり、自立前の子猫は鳴き声で母猫の庇護(ひご)を求めるのである。野生動物は、おと…

    (2019年01月27日 04:01)

  • 柔軟体操もチビのため=加藤由子

     自分の足の爪が切りにくくなった。体が硬くなりすぎて手が届かない。床に座りウンウンとがんばっていたら後ろ向きにコロンとひっくり返り、思わず笑ってしまった。脇で顔…

    (2019年01月20日 04:01)

  • 「い」の字になって寝る=加藤由子

     夜、布団にもぐり込んでくるときのチビには不思議な癖がある。必ず時計と反対回りで体をUターンさせるのだ。私の右肩から入ったときの反時計回りUターンは私の体にチビ…

    (2019年01月13日 04:00)

  • 私たちの老人力=加藤由子

     毛足の長いフワフワのシーツに取り換えて寝た。「暖かいよ~、おいで~」とチビを呼ぶと、トイレから直行でやってきた。ベッドにかけているペットスロープは白いせいか、…

    (2018年12月23日 04:06)

  • そういうことだったのね=加藤由子

     チビは、昼間の居場所であるソファからトイレや食事場所へ移動するとき、頭の中にある地図に従っているようだ。「ソファを下りて左に行くとテーブルがある。テーブルの右…

    (2018年12月16日 04:01)

  • チビのこだわり?=加藤由子

     チビの目が見えていないと診断されて以降、猫用トイレを居間にも一つ、置くことにした。現在、使っているトイレは、チビの昼寝場所から少し遠い。そこまで行くのが困難に…

    (2018年12月09日 04:01)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 特集ワイド 結婚は「多くの人納得」必要? 女性皇族の「自由恋愛」定着したが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです