メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

小国綾子・統合デジタル取材センター記者が「元気」になれるような話題をお届けします。

  • 東京だョおっ母さん=小国綾子

     歌手、島倉千代子さん(享年75)が亡くなって、この11月で5年になる。久しぶりに、懐かしい歌が口を突いて出た。♪久しぶりに 手をひいて 親子で歩ける 嬉(うれ…

    (2018年11月20日 12:45)

  • 言葉の分からぬ教室で=小国綾子

     夫の仕事で米国に4年間暮らしたことがある。当時10歳だった息子は現地の小学校で1年以上、一言も口をきかなかった。言葉の分からない環境に置かれた子どもに起こる「…

    (2018年11月13日 12:46)

  • 誤解される人は美しい=小国綾子

     1970年大阪万博のシンボル「太陽の塔」(約70メートル)を見上げると、ちょっと胸が熱くなる。半世紀も独りぼっちでそこにいる。芸術家、岡本太郎さんの生き方みた…

    (2018年11月06日 12:32)

  • 政治家の言葉は、たぶん=小国綾子

     「誤解を招き、心苦しく思っている」。自民党の杉田水脈衆院議員が、月刊誌の寄稿で性的少数者(LGBTなど)を「『生産性』がない」と表現したことについて、ようやく…

    (2018年10月30日 14:15)

  • 酒は詩を釣る針?=小国綾子

     お酒のことわざは多い。中でも私が好きなのは、<酒は詩を釣る針>。釣り針が魚を釣り上げるように、ほろ酔いになると味わい深い記事を書けるかも、と。 ことわざを言い…

    (2018年10月23日 12:21)

  • ジュリーの古希ロック=小国綾子

     「ジュリー」と呼ばれる歌手の沢田研二さん(70)のコンサート(6日、横浜アリーナ)に初めて出かけたら、もう、驚いたのなんのって! まず編成。なんと、ギタリスト…

    (2018年10月16日 12:50)

  • 女性閣僚1人だけ内閣=小国綾子

     社会で活躍する女性を取材するたび、よく悩んだ。お子さんは? 出張の夜はベビーシッター? そんな質問をしかけて一瞬口ごもり、心で自問した。「あなたは同じことを男…

    (2018年10月09日 12:20)

  • 自治寮と「生きる力」=小国綾子

     話題作と聞いて、NHKのテレビドラマ「ワンダーウォール」をオンデマンド視聴した。舞台は京都。古い大学寮の存続をめぐり、建て替えたい大学側と残したい寮生側が対立…

    (2018年10月02日 12:26)

  • だから世界は美しい=小国綾子

     女優、樹木希林さん(75)の訃報に触れ、思わず、長田弘さん(2015年死去、享年75)の詩集を開いた。理由がある。 2年前、希林さんに死生観についてのインタビ…

    (2018年09月25日 12:15)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです