メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

「美食地質学」は開講です。美食と地質って接点がまったくなさそうですが、さにあらず。実は深~い関係があるんです。

  • 第5講 だし 水の硬度で無数の表情

     第5講は、和食の基本中の基本であるだしがテーマ。だしに欠かせないのが水。日本列島が生み出す水とだしの深遠な関係に、マグマ学者の巽好幸先生と日本料理の大引伸昭先…

    (2018年08月07日 16:47)

  • 第4講 アユ 清流育む、高温の花こう岩

     今が旬のアユは、清流を好むのが知られているが、それは巨大噴火のたまものだという。どんな地形と関係があるのだろうか? マグマ学者の巽好幸・神戸大教授と日本料理の…

    (2018年07月03日 16:47)

  • 第3講 ホタルイカ 湾の深さが味の深さ

     日本海の春の味覚といえばホタルイカ。なぜ富山のホタルイカはうまいのかを探るべく、マグマ学者の巽好幸先生、日本料理の大引伸昭先生とフィールドワークに出掛けた。 …

    (2018年06月05日 16:09)

  • 第2講 タケノコ 白子すくすく“酸欠の泥”

     美食と地質の秘められた関係を解き明かす「美食地質学」。第1講は、瀬戸内海が身の締まった明石ダイをはぐくんでいるのを明らかにしましたが、タケノコも瀬戸内海が関係…

    (2018年05月01日 16:03)

  • 第1講 明石ダイ 浅瀬の恵み、高速潮流の鍛錬

     「美食地質学」は本日開講です。美食と地質って接点がまったくなさそうですが、さにあらず。実は深~い関係があるんです。私たちがいただいている豊富な海や山の幸は、日…

    (2018年04月03日 17:01)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです