メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飼育ノート

旭川市旭山動物園、よこはま動物園ズーラシア、鳥羽水族館の飼育員が、生き物たちとの日々を交代でつづります。

  • 旭山動物園 カバが出産、育児に成功

     新型コロナウイルス感染症に関心が集まっています。人が集まる動物園としても対応を探っておかなければなりません。国により対応がまちまちな点が、感染症をどう認識して…

  • 鳥羽水族館 白と黒くっきり イロワケイルカ

     イロワケイルカは、南米大陸の南端周辺およびインド洋のケルゲレン諸島周辺に生息するイルカで、その種名が示す通り、体色が白と黒にくっきりと色分けされているのが最大…

  • 旭山動物園 雪の似合うシンリンオオカミ

     初雪が遅いなと油断していたらドカッときました。今年はユキヒョウの子が生まれ、順調に成長しています。名前の通り雪が似合い、ほれぼれします。園には、寒冷地や積雪地…

  • 鳥羽水族館 眠そうな目で漂う コブシメ

     コブシメはイカの仲間です。水槽の中から眠たそうな目で、こちらをジッと観察しているように見える姿は、愛嬌(あいきょう)があってとても人気があります。 沖縄では食…

  • 旭山動物園 「野生」との向き合い方

     お盆期間恒例の夜の動物園も終了し、北海道には足早に秋の気配が迫ってきます。クマタカの繁殖も順調で、ヒナはもうじき巣立ちを迎えます。両親が早朝しかエサを運ばなく…

  • 鳥羽水族館 元気過ぎる長寿アザラシ

     鳥羽水族館には日本一長生きのバイカルアザラシがいます。雌のナターシャ。鳥羽に来て5月17日で丸38年になりました。バイカルアザラシはロシアのバイカル湖にすむ世…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです