メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

俳人・片山由美子さんによるエッセーです。

  • 春の時候に寄せる心=片山由美子

     ◇美しき奈良の菓子より春兆す 殿村菟絲子 ◇人影のなけれど園の春めける 清崎敏郎 「宵のうちは雨が降るでしょう」などという表現が天気予報から消えて久しい。 調…

    (2019年2月6日 12:40)

  • 時代の心、伝える言葉=片山由美子

     ◇寸分の隙間うかがふ隙間風 富安風生 ◇埋火の一語大事に育てけり 西嶋あさ子 先日、中学校で俳句の特別授業をする機会があった。毎週、句会形式で授業を進めている…

    (2018年12月5日 12:52)

  • 彩りに心を委ねて=片山由美子

     ◇山茶花は白一色ぞ銀閣寺 小沢碧童 ◇茶の花や母の形見を着ず捨てず 大石悦子 今日は立冬。住宅地を歩いていると、生垣の山茶花(さざんか)が目につく。つい先日ま…

    (2018年11月7日 13:02)

  • 感覚でとらえる「秋」=片山由美子

     ◇水べりを歩いてゆけば秋の声 黛執 ◇仮の世に秘めごと多しおけら鳴く 市堀玉宗 「秋の声」という季語がある。具体的に何かの声というわけではなく、風の音や木々の…

    (2018年10月3日 13:16)

  • 蝉の声から知る世界=片山由美子

     ◇聞くうちに蝉は頭蓋の内に居る 篠原梵 ◇どの木よりつくつくぼうし始まるか 杉浦圭祐 毎年8月から9月にかけて、筆者の恒例の仕事になっているのが、海外子女文芸…

    (2018年9月5日 15:02)

  • 異常気象と季語=片山由美子

     ◇目のついてゆけぬ迅さの出水川 藤崎久を ◇秋たつや川瀬にまじる風の音 飯田蛇笏 各地で記録的な暑さが続くなど、日本は異常気象のまっただ中にある。例年なら梅雨…

    (2018年8月1日 15:04)

  • 「諷詠」三代の祇園祭=片山由美子

     ◇東山回して鉾を回しけり 後藤比奈夫 ◇ころはよし祇園囃子に誘はれて 後藤立夫 いよいよ夏本番。7月は祭(まつり)の季節である。春祭はその年の豊作や豊漁を祈願…

    (2018年7月4日 12:37)

  • 個の世界 しなやかに=片山由美子

     ◇帆を降す白夜の運河のぼり来て 有馬朗人 ◇いつかむかしの青空今年竹仰ぎ 友岡子郷 電車で、毎日のようにリクルートスーツ姿の女子学生と乗り合わせる。まだ就職先…

    (2018年6月6日 13:07)

  • 老いに磨かれる輝き=片山由美子

     ◇蒸鰈ひとりの夕餉すぐ終る 須賀一惠 ◇老いゆくは新しき日々竜の玉 深見けん二 東京・駒場の日本民藝館で開催中(4月3日~6月24日)の「柚木沙弥郎の染色-も…

    (2018年5月2日 13:02)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  3. 懲戒処分 交際女性にけが 県職員 /熊本
  4. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず
  5. 山口・乳児暴行死 県「厳粛に受け止める」 関係機関の対応検証へ /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです