メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花谷寿人の体温計

花谷寿人論説委員によるコラムです。

  • 新しき村から

     理想の世界を指すユートピアは16世紀のイギリスの思想家、トマス・モアがギリシャ語を基につくった言葉だ。人間はユートピアを求めて実践を繰り返したが、どれもうまく…

    (2018年11月15日 12:19)

  • 加害者の家族

     新聞社の社会部には昔から事件記者と呼ばれる記者がいる。事件現場、関係者、捜査当局への取材で特ダネを書くのが使命だ。 私も若いころ、その端くれだった。中でも殺人…

    (2018年11月8日 12:25)

  • 面従腹背、それから

     「高校中退」「夜間中学」「外国につながる子ども」「LGBT」「沖縄の歴史教育」 文部科学省の元事務次官が五つのテーマごとに、現場を知る5人と対談した本が出版社…

    (2018年11月1日 12:58)

  • 夢の途中

     自分の夢に近づいた若者の顔は希望に満ちている。一握りの者にしかかなえられない夢なら、なおさらだ。きょうプロ野球ドラフト会議が開かれる。 しばらくすれば毎年、厳…

    (2018年10月25日 12:26)

  • 資生堂の戦力

     アイシャドーも絵の具のようにいくつかの色を筆で混ぜ合わせれば、自分に合った色合いにすることができる。けれど視覚に障害があれば、混ぜる色を間違えるかもしれない。…

    (2018年10月18日 12:23)

  • 14点のチームプレー

     放物線を描いてボールがゴールに吸い込まれる。会場から歓声が上がる。バスケットボールBリーグほどとは言えなくても、車いすバスケット日本代表の試合は近年、かなり盛…

    (2018年10月11日 12:35)

  • 東京のオスプレイ

     「ハウス」とは東京都福生市などにまたがる横田基地の周辺にあった米軍住宅のことである。 40年以上前、ここを舞台にした村上龍氏の小説「限りなく透明に近いブルー」…

    (2018年10月4日 12:27)

  • 同期と見た景色

     身内の話を書くことを、きょうは許していただきたい。 就活が終わり、就職が内定した同期入社組の仲間と顔を合わせるころだ。ライバルだが友にもなれる。私はその一人を…

    (2018年9月27日 12:29)

  • 臨終を見つめて

     幼いころ、父親の実家に連れて行かれ、祖父の枕元に正座させられた。子供心に臨終が近いことを悟った。 半世紀以上前の記憶。当時、地方都市では自宅で亡くなる高齢者が…

    (2018年9月20日 12:31)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです