メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花谷寿人の体温計

花谷寿人論説委員によるコラムです。

  • 冷麺を食べながら

     商店街から通り1本外れた路地に、その小さな店はある。 手打ち麺は注文を受けてから切り分けるので少し待たされる。カクテキの赤、ゆで卵の黄、キュウリの緑。黄金色の…

    (2018年6月14日 12:25)

  • 勾留は「国策」か

     劇場の幕が下りかけた時、主役が久々に登場したようだった。 森友学園をめぐる検察の捜査が終わった。先月下旬、前理事長の籠池泰典被告は10カ月ぶりに保釈された時、…

    (2018年6月7日 12:34)

  • 働く者の慰霊碑

     一人一人の名前を見ると、この人が確かに生きていたのだと感じる。遺骨や遺品が納められ、記名された無数の箱が並ぶ。 東京の郊外、高尾山の近くに、労災認定された故人…

    (2018年5月31日 12:16)

  • 二度目のあいうえお

     言葉が自由に出ない歌手のつらさは、いかばかりだったか。 テレビで見た西城秀樹さんのリハビリの映像に胸が熱くなった。「頑張っている姿を見てもらうことが僕の使命」…

    (2018年5月24日 12:19)

  • キムチのおいしさ

     東京・新宿に夕暮れが迫るころ、ビル8階の「教室」に小中学生が集まってくる。だんだん増えて10人を超えた。韓国人の親を持つ子供たちにボランティアの先生が時々授業…

    (2018年5月17日 12:10)

  • 生へのまなざし

     見覚えのある文字が並ぶはがきとともに新刊本が送られてきた。このコラムを見て「つくった本を紹介する記事を書いてほしい」という。 以前に取材した出版社社長の白井隆…

    (2018年5月10日 12:50)

  • こころの居場所

     心根の優しさ。それが笑顔に表れている。マユミは高校3年生。小学生の時から大阪の「こどもの里」で暮らしていた。 こどもの里はかつての日雇い労働者の街、釜ケ崎にあ…

    (2018年4月26日 12:31)

  • 薄い桃色のかたまり

     誰にも大切な風景があるのではないか。中でも桜の季節に。 福島県富岡町の夜(よ)の森(もり)地区には1500本の並木がトンネルをつくり、今の時期に桜まつりが開か…

    (2018年4月19日 12:38)

  • リニア駅で牛が鳴く

     新宿まで電車でわずか40分。自然豊かで住環境も良好。不動産の広告ならこんな感じか。 相模原市の橋本駅はJR2線と私鉄が乗り入れる。タワーマンションがそびえる街…

    (2018年4月12日 12:26)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです