メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花谷寿人の体温計

花谷寿人論説委員によるコラムです。

  • 原爆と信仰

     坂道を上って振り返ると、長崎の街が広がる。聖フィリッポ西坂教会は、その丘の上に建つ。西坂は、豊臣秀吉によるキリシタン弾圧で日本人信徒と外国人宣教師の計26人が…

    (2018年8月16日 14:19)

  • LGBTが問う政治

     就活もいよいよ最終盤である。学生に有利な売り手市場が続く。人材の争奪戦にさらされる中、買い手の側はどんな会社だとアピールしているのか。 名だたる企業について調…

    (2018年8月9日 12:51)

  • 甲子園の先に

     この時期、夏の高校野球地方大会の結果が気になる。かつて赴任した土地ならなおさらだ。 もう30年以上前のことだが、福岡県の久留米支局で最初に担当したのは警察と高…

    (2018年8月2日 12:19)

  • 美の基準が守るもの

     <午前中に入り江の宿を出て、岬の突端に向かっている。(中略)東京から電車で二時間、九時ごろに着いた宿の表はすでに閉じていた--> 川上弘美さんの小説「真鶴」は…

    (2018年7月26日 12:25)

  • 出会わなきゃ損

     月に1度届く「ぷかぷかしんぶん」を楽しみにしている。 発行元は横浜市のNPO法人「ぷかぷか」。知的障害のある人たちが働くパン屋やカフェを運営する。店の取材がき…

    (2018年7月19日 12:25)

  • オウムの見た夢とは

     一般人がめったに入れない場所が年に1度、秋に開放される。東京・小菅の東京拘置所で開かれる「矯正展」。全国の刑務所の受刑者が作った日用品や美術品を展示し、販売す…

    (2018年7月12日 14:16)

  • 「見た目」を超えて

     出勤途中、時々すれ違う青年がいる。顔に特徴がある。目をそらしてはいけない。いや、そんなふうに思う自分は何なのか……。 彼にはたぶん、生まれつきほおやあごの骨が…

    (2018年7月5日 12:18)

  • はるたんの短冊

     願い事は世相を反映するものらしい。この時期、毎日新聞東京本社のある千代田区のパレスサイドビルに七夕飾りがお目見えする。ビルの飲食店街を通る人たちがそれぞれの思…

    (2018年6月28日 14:38)

  • 結愛ちゃんとピッピ

     現場には絵本が供えられていた。手を合わせる人は絶えない。 東京・目黒のアパートで船戸結愛ちゃん(当時5歳)が虐待の末に死亡した事件で、両親が逮捕されて2週間。…

    (2018年06月21日 13:20)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  2. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  3. 富田林逃走 左のふくらはぎ入れ墨の絵柄を公表 大阪府警
  4. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです