メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリズム

  • 就活と授業のどちらを選ぶ=論説委員・野沢和弘

     授業中、携帯を耳に当てて立ち上がり教室を出ていく学生がいた。第1志望の会社から合格したとの電話だった。授業の終わりごろ教室に駆け込む学生もいる。面接試験を終え…

    (2018年9月15日 02:02)

  • しかし…=論説委員・野沢和弘

     「しかし」を探せ。中国からの女子留学生は日本語学校でそう教えられた。 現代国語の試験で外国人留学生が日本語の長文を読むのは大変だ。そこで「しかし」「ところが」…

    (2018年9月1日 02:04)

  • 重度障害者の「生産性」とは=論説委員・野沢和弘

     近松門左衛門の生涯を描いた「埋(うず)み火」という小説のあとがきで、作者の杉本苑子さんはこう述べる。「魂の奥底で木枯(こがら)しの音を聞く」ような作風は、近松…

    (2018年8月18日 02:06)

  • 排除の先に待っているもの=論説委員・野沢和弘

     漂流した舟をみんなでこいで島へたどりつかないといけない。食料は限られている。いろんな事情で舟をこげない人がいた時、あなたはどう考えるか。 人口減少と高齢化が進…

    (2018年8月4日 02:03)

  • どこまでも追いかけられて=論説委員・野沢和弘

     絶望になれた。嫌だという気持ちはあったが、感情が混乱して自分でもわからなくなる。拒むこともなくなった。 幼いころから実父に性的虐待を受けた女性から、当時のこと…

    (2018年7月21日 02:03)

  • 好きな時間に、好きな場所で=論説委員・野沢和弘

     どうして毎朝ぎゅうぎゅう詰めの電車に乗り、会社まで行って仕事をしなければならないのだろう。そんな疑問を感じる人が多くなったのではないか。 だれでもパソコンやス…

    (2018年7月7日 02:03)

  • 日本の医師は忙しすぎる=論説委員・野沢和弘

     スウェ-デンの病院の精神科を今月初めに視察した。「外来で診るのは1日15人くらい」と聞き、同行した日本の精神科医はあんぐりと口を開けた。「私は毎日60人は診て…

    (2018年6月16日 02:06)

  • 熱海で国際映画祭が開かれる=論説委員・野沢和弘

     最近でこそテレビ番組でよく紹介され、観光客数はV字回復しているものの、少し前までは閑古鳥が鳴いていたのが静岡県熱海市である。高齢化率は45%を超え、貧困率も高…

    (2018年6月2日 02:21)

  • パラリンピックが開かれる東京で=論説委員・野沢和弘

     「街で障害者に会うことが少ない。どうすればふれあいを増やせますか」 障害者差別解消法の研修会で、東京都内の区職員が質問した。たしかに大阪や札幌ではもう少し障害…

    (2018年5月19日 02:03)

  • バレエを見に、鴻巣へ行く=論説委員・野沢和弘

     鋭い視線にあごひげ、筋肉質の体の名取寛人さんは、米国の有名なバレエ団で活躍したダンサーである。30年ぶりの同窓会では誰も気づかなかった。中学生のころ、名取さん…

    (2018年5月5日 02:11)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです