メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリズム

  • 児童相談所はどうなっているのか=論説委員・野沢和弘

     「まるで大学のサークルか部活の部屋のような雰囲気だった」。ある県の幹部職員が児童相談所を訪れたところ、若い職員ばかりでびっくりしたという。 2017年度の虐待…

    (2019年1月19日 02:02)

  • 困った人々に助けられる=論説委員・野沢和弘

     昭和の温泉町には生きにくさを抱えた人たちがたくさん暮らしていた。 背中に入れ墨のある独居のおじいさん、昼間から泥酔している職人、老いた母をいじめる娘、夜中に酔…

    (2019年1月5日 02:01)

  • 「移民ではない」で済むのか=論説委員・野沢和弘

     日だまりの中で日本語の新聞を何度も読んでいる女性に会った。ブラジル・サンパウロ郊外の介護施設を訪ねたのは、日本がバブルに踊っていたころだ。 日本の地名の付いた…

    (2018年12月15日 02:14)

  • 国家と人口政策=論説委員・野沢和弘

     敗戦後、海外からの引き揚げ者は600万人を超えた。1947~49年の出生数は毎年約270万人(昨年は約94万人)にも上る。 人口の膨張に伴う食料不足が日本の復…

    (2018年12月1日 02:07)

  • 政治と薬物依存症=論説委員・野沢和弘

     あまり報道されてはいないが、今週の衆院厚生労働委員会で薬物依存症に関する質疑があった。 テレビの刑事ドラマで、薬物依存症の女性がハンマーで刑事を殴って奇声を発…

    (2018年11月17日 02:02)

  • 麻生発言に慣れてはいけない=論説委員・野沢和弘

     「飲み倒して運動も全然しない(で病気になった)人の医療費を、健康に努力している俺が払うのはあほらしくてやってられんと言っていた先輩がいた。良いことを言うなと思…

    (2018年11月3日 02:03)

  • 「眠れる森の美女」を起こす=論説委員・野沢和弘

     もしも、あなたが人口減少と産業の衰退にあえぐ町の市長になったとしたら、まず何をやるだろうか。 ある30代の市長は、美術館や音楽ホールを建設し、ベートーベンの交…

    (2018年10月20日 02:27)

  • 「ぼっち」が増えていく=論説委員・野沢和弘

     「ぼっち」という言葉を大学生からよく聞く。学生食堂で一緒にランチをする人がいない。教室で話す友だちもいない。ひとりぼっちのことをいう。 煩わしいのが嫌で周囲と…

    (2018年10月6日 02:03)

  • 就活と授業のどちらを選ぶ=論説委員・野沢和弘

     授業中、携帯を耳に当てて立ち上がり教室を出ていく学生がいた。第1志望の会社から合格したとの電話だった。授業の終わりごろ教室に駆け込む学生もいる。面接試験を終え…

    (2018年9月15日 02:02)

  • しかし…=論説委員・野沢和弘

     「しかし」を探せ。中国からの女子留学生は日本語学校でそう教えられた。 現代国語の試験で外国人留学生が日本語の長文を読むのは大変だ。そこで「しかし」「ところが」…

    (2018年9月1日 02:04)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  4. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです