メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

洛・楽・らフォト

  • /5 見上げれば花畑 /京都

     桜やフジ、アサガオなど四季の花や、風神、雷神。畳に寝転んで、天井に広がる色鮮やかな絵を見渡すと、不思議な世界に吸い込まれそうになる。外から聞こえるのは、鳥のさ…

    (2018年06月14日 15:52)

  • /4 波紋奏でる幻想美 /京都

     そっと水に手を浸すと京友禅の上に波紋が広がり、模様がゆらゆらと揺らめいた。 嵐電嵐山駅(京都市右京区)内に設けられた「キモノフォレスト」。京友禅を巻いた高さ2…

    (2018年05月31日 16:07)

  • /3 羅漢さん1200体、生き生きと /京都

     表情豊かな羅漢の苔(こけ)むした石像が、新緑の下に並ぶ。京都市右京区の愛宕(おたぎ)念仏寺。境内を埋め尽くすようにたたずむ「羅漢さん」は1200に及ぶ。 戦時…

    (2018年05月17日 14:56)

  • /2 参拝客癒やす14匹の猫 /京都

     「ようこそお越しくださいましたニャ」--1300年の歴史のある梅宮(うめのみや)大社(京都市右京区)社務所受付で、猫たちが出迎えてくれた。現在境内に14匹いて…

    (2018年05月03日 14:37)

  • /1 初々しさ漂う「京都の花」 /京都

     華やかで凜(りん)としたたたずまい。初々しさも漂う。 祇園甲部歌舞練場(京都市東山区)敷地内の「八坂倶楽部」。今月5日、ミニ舞台の合間に、舞妓(まいこ)の市紘…

    (2018年04月19日 14:51)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです