メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンクが2年連続で日本シリーズ進出 プロ野球CS

南光の「偏愛」コレクション

ラジオを聞き桂枝雀という「人」にほれ込んだのがきっかけで、落語家の道に進んでもうすぐ半世紀。桂南光さんは、仕事も趣味も、好きになったらとことんハマるのが身上の「偏愛人」です。そんな南光さんが、同じく愛するものに並々ならぬ情熱を注ぐ人々に話を聞きます。

  • 「小山ロール」のパティシエ・小山進さんとのトーク拡大版

     「小山ロール」でその名を全国に知られるパティシエ・小山進さんのお店は、兵庫県三田(さんだ)市の郊外にあります。開業から15年、店舗の全国展開や都心進出とは一線…

    (2018年09月22日 05:15)

  • 兵庫・三田から世界へ! パティシエ・小山進さんの巻

     兵庫県三田(さんだ)市の郊外に、突如行列が現れる場所があります。お目当ては「小山ロール」。あんこは好きだが生クリームは苦手という桂南光さんも太鼓判を押す、大人…

    (2018年09月22日 02:05)

  • 今月のまいりましたなぁ キラキラした探求の人

     小山さんとはプライベートでも仲良くお付き合いさせてもらってますが、いつ会っても元気で、目が輝いている人です。一緒に食事をしていても、料理人の方にいろいろ細かい…

    (2018年9月22日 02:05)

  • 萬乗醸造当主の十五代久野九平治さんとのトーク拡大版

     日本酒を愛する桂南光さんが今、その中でも「偏愛」しているのが「醸し人九平次(くへいじ)」というブランド。醸造元は名古屋市の萬乗醸造で、当主の十五代久野九平治さ…

    (2018年08月25日 03:00)

  • 老舗蔵元に異端児現る!?の巻

     落語で酒を飲む仕草といえば湯飲みやおちょこで「グイッ」ですが、大の日本酒党、桂南光さんは最近、もっぱらワイングラス。きっかけは、「偏愛」するブランド「醸し人九…

    (2018年08月25日 02:07)

  • 今月のまいりましたなぁ 酸味と情熱の味わい

     今回は、趣味と実益を兼ねた取材をさせていただきました。元々、日本酒が好きで、いろんなお酒を飲んできましたが、年齢と共に好みも変わってきます。そんな中で出合った…

    (2018年8月25日 02:07)

  • 由紀さおりさんとのトーク拡大版

     30年以上前のテレビ番組共演がきっかけで知り合った桂南光さんと由紀さおりさん。由紀さんの歌い手としての軌跡について聞くうち、気付けば話題は、落語家にとっても重…

    (2018年07月28日 02:15)

  • 今月のまいりましたなぁ 噺家も驚く話の名手

     「夜明けのスキャット」は高校生の頃、深夜放送で連日流れていました。受験勉強と称して遅くまで起きていた時に、なんとも疲れた心を休ませてくれる清涼剤として聴かせて…

    (2018年7月28日 02:04)

  • 舞台こそ居場所 由紀さおりさんの巻

     1969年のデビュー以来、売れっ子歌手として、童謡の歌い手として、さらには女優にタレントとマルチな活躍を続ける由紀さおりさん。高校生の頃、ラジオから流れる澄ん…

    (2018年07月28日 02:04)

  • 作家の原田マハさんとのトーク拡大版

     落語家の桂南光さんと作家の原田マハさんは、実は「親戚以上の付き合い」というほどの仲良し。2人とも、好きなものにとことん情熱を注ぐ「偏愛人(へんあいびと)」だっ…

    (2018年06月23日 03:00)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. ひき逃げ 容疑で26歳男を逮捕 男性重体 沼田 /群馬
  4. 検証 記者死亡、サウジ総領事館で何が 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末
  5. ボクシング 村田がブラントに判定で敗れる 防衛失敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです