メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ニホンゴ」を話す村で

台湾北東部の宜蘭県の村で、日本語と似た言葉「ニホンゴ」が今も中高年を中心に母語として話されている。2種以上の言語が接触し合って新言語が生まれ、次の世代で母語として使われる言語は「クレオール語」と呼ばれる。日本による先住民統治政策の影響があるようだ。中国語教育を受ける若い世代はニホンゴを話さず、文字もないためこのままでは消滅する。ニホンゴにまつわる逸話を追った。

  • 台湾タイヤル族/下 私の母語、今は自信に

     台湾北東部・宜蘭(ぎらん)県澳花(おうか)村出身の劉紹萱(りゅうしょうけん)さん(23)は幼いころ、自分が話している言葉はタイヤル語だと思っていた。それが別の…

    (2018年08月05日 02:26)

  • 台湾タイヤル族/中 「根源」、翻弄され続け

    (2018年08月04日 03:13)

  • 台湾タイヤル族/中 「根源」、翻弄され続け

     日本語とタイヤル語の接触で生まれた「ニホンゴ」(宜蘭(ぎらん)クレオール)が話されている台湾北東部・宜蘭県澳花(おうか)村。澳花小学校では子供たちがタイヤル語…

    (2018年08月04日 03:06)

  • 台湾タイヤル族/上 移住政策で「混ぜ混ぜ」

     台湾北東部宜蘭(ぎらん)県の山あいにある寒渓(かんけい)村には、先住民タイヤル族が多く暮らす。 「アンタ、ロコイクー」(あなたはどこへ行くのか?) 約1000…

    (2018年08月03日 03:06)

  • 今も中高年中心に母語

     台湾北東部・宜蘭(ぎらん)県の寒渓(かんけい)、澳花(おうか)、東岳(とうがく)、金洋(きんよう)の4村では、日本語と似た言葉「ニホンゴ」が、今も中高年を中心…

    (2018年08月01日 22:37)

  • 台湾タイヤル族 日本統治の名残

     台湾北東部の山間部にある宜蘭(ぎらん)県寒渓(かんけい)村。先住民タイヤル族が暮らす小さな集落を訪ねると、公民館で祭りが開かれ、民族衣装を身にまとった女性たち…

    (2018年08月01日 22:27)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです