メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

永山悦子・オピニオングループ編集委員によるコラムです。

  • ポエムの正しい使い方=永山悦子

     最近、「ポエム」という言葉が否定的な意味で使われている。本来の「ポエム」には、相手をやゆする意味はない。国語辞典、英和辞典、英英辞典などを調べてみたが、「詩」…

  • 「一生に一度」なら=永山悦子

     日本の大金星にわくラグビー・ワールドカップ(W杯)。うたい文句は「4年に一度じゃない、一生に一度だ。」。今年で9回目になるが、日本はもとよりアジア開催も初めて…

  • 日本を好きな理由=永山悦子

     日本で6年ぶりに開かれた「アフリカ開発会議(TICAD)」の直前、初めてアフリカを訪れた。行き先はエジプト。地理的にも歴史的にも欧州に近く、「それなりの都市だ…

  • 日本のグレタたち=永山悦子

     今年のノーベル平和賞の有力候補とも言われるスウェーデンの少女、グレタ・トゥーンベリさん(16)。彼女は1年前、学校を休んで気候変動の危機を訴える「学校ストライ…

  • 病院の居心地=永山悦子

     NHKテレビで今月放送された「病院ラジオ」を見た。お笑いコンビ、サンドウィッチマンの2人が、東京・築地の国立がん研究センター中央病院で院内ラジオ局を開設するド…

  • ニアミスの教訓=永山悦子

     先月下旬、「招かざる客」が私たちのすぐそばにやってきた。直径最大130メートルの小惑星。地球と月の距離の5分の1以下(約7万2000キロ)まで近づき、通り過ぎ…

  • 「愛のムチ」にあらず=永山悦子

     プロ野球・広島東洋カープの緒方孝市監督が、選手を平手打ちにし、厳重注意処分を受けたと発表された。選手が試合で全力疾走を怠ったことが原因という。このニュースに、…

  • 話題のオフィス=永山悦子

     昨年度、約1万人も見学者が訪れたという話題のオフィスが東京・飯田橋にある。広々としたオープンスペースに約300席が並び、カラフルな椅子やソファはショールームの…

  • すごい恐竜とすごい人=永山悦子

     北海道むかわ町で見つかった草食恐竜「むかわ竜」の化石はすごい。何がすごいかというと、ほぼ全身(8割以上)の化石が見つかったから。これまで国内では、一部の骨や歯…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです