メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渋江千春

ソウル支局特派員。1981年東京都生まれ。2003年入社。阪神支局、大阪本社社会部、外信部を経て2018年4月から現職。2017年4月から約1年間ソウルに留学し、延世大学語学堂などで韓国語を学ぶ。趣味は6歳の頃から続ける合唱。共著に「介護殺人 追いつめられた家族の告白」(新潮社)。

  • 隣の国を歩く
    田園風景の中にある朝鮮戦争の名残

     4月27日に韓国と北朝鮮の南北首脳会談が開かれて以降、南北関係は融和ムードが続く。この会談は、南北を隔てる軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)で開かれた。…

    (2018年08月09日 08:00)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 福岡市 ロープウエー構想 博多港WF→博多駅→須崎公園
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです