メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新年」に食べる

新年の始まりは1月1日に限らない。世界各国にはどんなお正月があるのだろうか。日本に住む外国人に、それぞれの国の「正月料理」を作ってもらった。世界の広さと近さを感じる周遊に出かけよう。

  • 日本の中の世界/6止 幸せの国の優しい料理

     <くらしナビ ライフスタイル> ヒマラヤ山脈の東部、国民総幸福(GNH)を国づくりの柱に掲げる南アジアのブータン。「ロサル」と呼ばれる新年の朝は、家族で囲む素…

  • 日本の中の世界/5 福が飛び出す水ギョーザ

     <くらしナビ ライフスタイル> 中国では北部を中心に、家族で作った水ギョーザを、旧暦に基づく旧正月の春節(今年は2月上旬)に食べて祝う。あんから何が出てくるか…

  • 日本の中の世界/4 繁栄の豚とにぎやかに

     <くらしナビ ライフスタイル> イタリアにはこんな言葉がある。「クリスマスは家族と、正月は過ごしたい人と」。豪華な料理を囲んでにぎやかに過ごし、正月明けには日…

  • 日本の中の世界/3 南国果実のお布施カレー

     <くらしナビ ライフスタイル> 仏教の国・タイの正月は3度ある。中でも最も暑い4月の正月「ソンクラーン」は水掛け祭りと呼ばれる。北部の家庭では僧侶へのお布施と…

  • 日本の中の世界/2 帽子かぶった鶏煮込み

     <くらしナビ ライフスタイル> 3000年の歴史を持つ東アフリカ・エチオピア。正月は西暦の9月で黄色い花が満開だ。祝い事には鶏をさばいて肉煮込みを作り、食後は…

  • 日本の中の世界/1 南米発、決め手はしょうゆ

     <くらしナビ ライフスタイル> 新年の始まりは1月1日に限らない。世界各国にはどんなお正月があるのだろうか。日本に住む外国人に、それぞれの国の「正月料理」を作…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです