メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新年」に食べる

新年の始まりは1月1日に限らない。世界各国にはどんなお正月があるのだろうか。日本に住む外国人に、それぞれの国の「正月料理」を作ってもらった。世界の広さと近さを感じる周遊に出かけよう。

  • 日本の中の世界/6止 幸せの国の優しい料理

     <くらしナビ ライフスタイル> ヒマラヤ山脈の東部、国民総幸福(GNH)を国づくりの柱に掲げる南アジアのブータン。「ロサル」と呼ばれる新年の朝は、家族で囲む素…

    (2019年01月07日 02:05)

  • 日本の中の世界/5 福が飛び出す水ギョーザ

     <くらしナビ ライフスタイル> 中国では北部を中心に、家族で作った水ギョーザを、旧暦に基づく旧正月の春節(今年は2月上旬)に食べて祝う。あんから何が出てくるか…

    (2019年01月06日 02:06)

  • 日本の中の世界/4 繁栄の豚とにぎやかに

     <くらしナビ ライフスタイル> イタリアにはこんな言葉がある。「クリスマスは家族と、正月は過ごしたい人と」。豪華な料理を囲んでにぎやかに過ごし、正月明けには日…

    (2019年01月05日 02:12)

  • 日本の中の世界/3 南国果実のお布施カレー

     <くらしナビ ライフスタイル> 仏教の国・タイの正月は3度ある。中でも最も暑い4月の正月「ソンクラーン」は水掛け祭りと呼ばれる。北部の家庭では僧侶へのお布施と…

    (2019年01月04日 02:02)

  • 日本の中の世界/2 帽子かぶった鶏煮込み

     <くらしナビ ライフスタイル> 3000年の歴史を持つ東アフリカ・エチオピア。正月は西暦の9月で黄色い花が満開だ。祝い事には鶏をさばいて肉煮込みを作り、食後は…

    (2019年01月03日 02:04)

  • 日本の中の世界/1 南米発、決め手はしょうゆ

     <くらしナビ ライフスタイル> 新年の始まりは1月1日に限らない。世界各国にはどんなお正月があるのだろうか。日本に住む外国人に、それぞれの国の「正月料理」を作…

    (2019年01月01日 02:47)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです