メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・山田祐一郎

会社員を経て「ヌードルライター」として活動する山田祐一郎さんの連載です。思い出の麺を、その裏側にある歴史、物語、料理人の愛情まで含めて紹介します。

  • つるつる道をゆく 粉から勝負、魔法の麺

     日本にうどんの店は数え切れないほどある。その中で自家製麺をうたう店もあまたある。ただ、自家製粉となるとまれだ。一般的にうどんは小麦粉と塩水で打つ。自家製粉とは…

    (2019年07月01日 02:07)

  • つるつる道をゆく 台湾へ和え麺求め

     台湾の和(あ)え麺が好きで好きでたまらない。和え麺とはゆでた麺を具材やタレ、調味料などと和えて食べる料理で、ラーメンやうどんのようにスープがないものが基本の形…

    (2019年06月03日 02:10)

  • つるつる道をゆく 瓦に茶そば、パリッと

     我が家にホットプレートがやって来た日のことをよく覚えている。ぼくは小学2年生だった。それまで焼き肉といえば、母がフライパンで炒めた料理。目の前で焼きながら肉を…

    (2019年05月06日 02:06)

  • つるつる道をゆく ぐらぐら地獄炊き

     「地獄炊き」--。なんて恐ろしい響きなんだろう。そして、それが料理の名前であると知って驚いた。地獄炊きとは、長崎県の西方に浮かぶ五島に伝わる郷土料理のことだ。…

    (2019年04月08日 02:07)

  • つるつる道をゆく 白ご飯と一緒に

     「きしめん」って知っていますか。そう聞かれて「見たことも聞いたこともない」と答える人はほぼいないのではないか。名古屋から離れた場所に住んでいると、知ってはいる…

    (2019年03月11日 02:10)

  • つるつる道をゆく コシにも個性

     福岡で暮らしているため、普段は福岡のうどんに慣れ親しんでいる。福岡のうどんの特徴としてよく言われているのが、やわらかな麺。博多のかいわいには今も、ゆでおきのう…

    (2019年02月11日 02:11)

  • つるつる道をゆく 覚悟突きつけた味

     今思えば、あの店に行って人生が変わった。福岡市・名島にある「ら~めん屋 たつし」だ。それまでのぼくは凡庸だったし、鈍感だった。おいしいを額面通りにとらえ、自分…

    (2019年01月14日 02:07)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです