メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きままに演芸

落語、寄席などの演芸にまつわる情報を「きままに」お届けします。

  • 親子で落語に命懸け

     落語家の三遊亭金時(57)が五代目三遊亭金馬を、師匠で父親の四代目金馬(91)が三遊亭金翁をそれぞれ襲名し、21日から50日間にわたる披露興行にのぞむ。東京都…

  • エノケンの生涯たどる

     「エノケン」の愛称で親しまれ、「日本の喜劇王」と呼ばれた榎本健一(1904~70年)の没後50年を記念して、国立劇場(東京都千代田区)は国立演芸場内の演芸資料…

  • 上方落語、はやらせる

     上方落語家の林家染二が28日、東京・千代田区立内幸町ホールで独演会を開く予定だ。5、8月と来年2月にも同じ会場での独演会開催を決めており、「退路を断つつもりで…

  • 東京・神保町によしもと劇場

     吉本興業所属で、東京を拠点にする芸歴6年目以下の若手芸人が出演する「神保町よしもと漫才劇場」が神保町シアタービル2階(東京都千代田区)にオープンした。養成所を…

  • 弁士の話芸を楽しむ

     寄席たいゆう亭「映画ヲ語ルの巻」が2月1日の午後1時半と午後6時、東京・新宿の紀伊国屋ホールで開かれる。無声映画のスクリーンの傍らで映像について説明をつける活…

  • 玉川奈々福の狂言回し

     人気浪曲師の玉川奈々福=写真=が来年1月8~24日、東京・新国立劇場中劇場で舞台「阿呆浪士」(脚本・鈴木聡、演出・ラサール石井)に狂言回しの役割で出演する。「…

  • 文珍、しゃべりの五輪

     上方落語の重鎮、桂文珍が来年2~3月、芸歴50周年を記念して、国立劇場大劇場(東京都千代田区)で20日間にわたる独演会を開催する。上方と江戸の人気落語家・講談…

  • じゅんじゅんと入門60年

     人間国宝の落語家、柳家小三治=写真=の新音源CDが6カ月連続で発売されているのを記念したイベントが、東京・有楽町朝日ホールで開かれた。今年、傘寿を迎える小三治…

  • 5人の真打ち誕生へ

     今秋、落語芸術協会(春風亭昇太会長)の三代目柳亭小痴楽が真打ちに昇進した。落語協会(柳亭市馬会長)からも、柳家わさび▽喬の字改め柳家小志ん▽初音家左吉改め古今…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです