メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

窓をあけて

元村有希子編集委員の新コラム「窓をあけて」。1989年毎日新聞社入社。「理系白書」の報道などで2006年、第1回科学ジャーナリスト大賞。科学環境部長などを経て現職。近著に『科学のミカタ』(毎日新聞出版)。趣味は居酒屋、温泉。

  • 役に立つ? 立たない?=元村有希子

     1939年、ニューヨーク万博の開幕行事に招かれたアインシュタインは、「失敗の喜劇」と呼ばれる事態に遭遇する。 世紀の天才を一目見ようと詰めかけた観客は宇宙に関…

  • 森と薪と人=元村有希子

     サワードウブレッドは、ずっしりと重くて酸っぱいパンだ。ゴールドラッシュにわく19世紀の米国で金鉱掘りたちの腹を満たした。転じてアラスカでは、厳しい気候を強く生…

  • 「水の惑星」で生きる=元村有希子

     ひとの思考には二つのタイプがあるという。コップに半分まで入った水を「もう半分しかない」と諦める人、「まだ半分ある」と前向きに考える人。アフリカで医療支援に取り…

  • かなしみを 語りつぐ=元村有希子

     洋画家、野見山暁治さん(99)の著書を、続けて読んでいる。 今年100歳とは思えない活動ぶりだ。「じわりとアトリエ日記」(2017年)には、「日本一忙しい90…

  • タコの滑り台の話=元村有希子

     子ども時代の、夏休みの思い出。 朝食を済ませるやいなや、兄と2人、市民プールでくたくたになるまで遊ぶ。小遣いで30円のホットドッグを一つ買い、半分ずつ食べて小…

  • 人間らしくあること=元村有希子

     南極観測から帰国した知人を囲む会に、オンラインで参加した。さまざまな話題の中で印象に残ったのは、滞在の折り返しに当たる昨年8月の一時期、軽いうつ状態に陥ったと…

  • その名を愛せる日は=元村有希子

     社会のひずみは、より弱い立場の人に表れる。富む者より貧しい者に、大人より子どもに、男より女に。 一般社団法人「Colabo(コラボ)」代表の仁藤(にとう)夢乃…

  • 牛乳のある日常=元村有希子

     手書きのメモが1枚、机上に残されている。箇条書きの備忘録だ。用件のいくつかには、済んだことを示す印がある。 これから取りかかる用件の中に「作業用つなぎ」の文字…

  • 春、公園で=編集委員・元村有希子

     新型コロナの影響で出張が飛んだ休日、公園に出かけた。ひとりベンチに座って桜の花を眺める。よちよち歩きの男の子が、停止した噴水の池で遊んでいる。 小さな体を水面…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです