メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニマルクライシス

動物たちに忍び寄る危機を現場から報告します。

  • タンチョウ 絶滅危機脱した?

     <くらしナビ・環境> 北海道東部などに生息する国の特別天然記念物のタンチョウが、絶滅危惧の評価を巡って揺れている。個体数が減っていないとして、国際的な野生生物…

  • 海中の騒音、海洋生物に影響か

     <くらしナビ・環境> 海の中がうるさくなっている。車の交通量増加で騒音が問題となるように、船舶の往来や海底の資源探査が活発化し、発する音が海洋生物に何かしらの…

  • 象牙の取引規制、都が検討

     <くらしナビ・環境> ワシントン条約で国際取引が禁止されている象牙について、東京都は有識者会議を設置し、独自の取引規制が必要か検討を始めた。政府は国内取引を容…

  • 福島・帰還見据えイノシシ捕獲

     <くらしナビ・環境> 東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故から3月で9年。原発周辺で放射線量が依然として高く、住民の立ち入りが制限される「帰還困難区域」…

  • 雑種フグ、毒判別の脅威

     <くらしナビ・環境> 地球温暖化などによる海水温の上昇の影響でフグの生息域が北へ拡大し、異なる種のフグが大規模に交雑している実態が明らかになってきた。日本を代…

  • ネオニコ系農薬、生態系に影響か

     <くらしナビ・環境> ミツバチの大量死の一因と指摘されてきたネオニコチノイド(ネオニコ)系の農薬が、湖の魚の激減を引き起こしている可能性を指摘する調査結果が先…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです