メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の体はテレビでできている

早稲田大演劇博物館館長を務める岡室美奈子教授が、過去や現在の、ひょっとしたら未来のドラマの世界も旅しながら、折々のことを語ります。

  • 周囲の支えが時代を作る

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> NHK連続テレビ小説(通称・朝ドラ)100作目の「なつぞら」が大詰めである。内容については賛否両論あったが、…

  • 「庶民の戦争」伝えるドラマを

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 終戦記念ドラマが減った。かつて8月といえば、終戦記念ドラマが目白押しで、8月の風物詩のような趣すらあった。な…

  • スポーツも「娯楽の王様」

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 「やっぱりスポーツは娯楽の王様だ!」。役所広司演じる嘉納治五郎は、復興運動会で高らかに宣言する。NHK総合の…

  • 「待つ」ことは「祈る」こと

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 今回は演劇の話を中心に。6月に横浜のKAAT(神奈川芸術劇場)で、ベケット作の「ゴドーを待ちながら」が上演さ…

  • 今と通じる「アフリカの夜」

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 1999年にフジテレビで放送された「アフリカの夜」というドラマをご存じだろうか。 先日、私が館長を務める早稲…

  • 「東ラブ」が描いた転換期の男女

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 平成が終わった。そんなわけで、今日は、昭和のバブリーなトレンディードラマから、平成のドラマへの転換を印象づけ…

  • 過去、現在、未来のドラマの旅へ

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 「教授」と聞いて、どんなテレビ番組が思い浮かぶだろうか。「白い巨塔」の財前五郎教授、「クイズダービー」の篠沢…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです