メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の体はテレビでできている

早稲田大演劇博物館館長を務める岡室美奈子教授が、過去や現在の、ひょっとしたら未来のドラマの世界も旅しながら、折々のことを語ります。

  • 未知の世界を切り開く

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 結婚はもはやドラマのヒロインのゴールではない。ヒロインがさまざまな苦難を乗り越え、恋のお相手からプロポーズさ…

  • 他者を「見つける」想像力

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> TBS系金曜ドラマ「MIU404」第12話は、刑事の伊吹藍が、同僚の志摩一未の住むマンションを訪れる穏やかな…

  • 科学者たちの夢と欲望

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 「人間はエネルギー資源を求めて戦争をする。われわれが核分裂をコントロールしてそのエネルギーを自由に使うことが…

  • ついにマスク姿のドラマも

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> ドラマの登場人物たちはなぜマスクをしないのか――。そんな疑問が巷(ちまた)では結構な話題になっている。コロナ…

  • 業界の“今”記憶し記録を

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> いきなり手前みそで恐縮だが、私が館長を務める早稲田大学演劇博物館では、コロナ禍により多くの演劇公演が中止・延…

  • 不条理から生み出す新世界

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> コロナ以降と以前で世界は変わる。緊急事態宣言と外出自粛で、私たちの生活様式は様変わりした。そしておそらく事態…

  • ウイルスとしぶとく闘う

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 2008年1月、NHKスペシャル「シリーズ 最強ウイルス」の第1夜としてドラマ「感染爆発~パンデミック・フル…

  • 社会に広がるもう一つの「毒」

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 新型コロナウイルスの感染拡大により、日本の社会、経済、文化が危機にさらされている。ここで思い出されるのが、2…

  • 身内を映し出す勇気

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 1月に東海テレビ制作の「さよならテレビ」劇場版を見た。もともとテレビドキュメンタリーとして放送したところ、放…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 「学長人事にも適用されかねない」 苅部直氏が指摘する任命拒否の「最大の問題」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです