メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カソウケンの似顔絵描き

現場に残された遺体、犯人の目撃情報――。わずかな手掛かりから「顔」を再現する群馬県警科学捜査研究所(通称・カソウケン)の緑川順さんは、鉛筆一本で数々の事件を解決に導いてきた「似顔絵描き」の第一人者だ。この道30年以上になる緑川さんは今春定年を迎えたが、その技を伝承するために再任用され、弟子入りした芸大出身の異色の若手警察官の育成に注力している。

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

  5. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです