メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トピックス2014

理学博士・佐治晴夫さんが語る「ドイツ・レクイエム」

理学博士の佐治晴夫さん

 今年も残すところ数日になりました。この季節になるといつも聞こえてくるのがベートーベンの合唱付き交響曲「第九」です。しかし、その一方で静かに聴いてみたくなるのがブラームスの「ドイツ・レクイエム」です。

 「レクイエム」といえば、死者を悼む典礼音楽のような印象があります。見方を変えれば、私たち人間の限られた一生の長さを永遠なるものにつなげる慰めの音楽であるともいえます。この曲は静かな前奏に続いて、新約聖書、マタイによる福音書第五章4節から始まります。「悲しみを抱くものたちは幸いである。なぜなら彼らはきっと慰められるからである」。そして、詩編第126編5、6節と続きます。「涙を流しながら種をまく者たちは、喜びにあふれて刈り取るであろう。彼らは、泣きながら出ていくが、帰りにはあふれる喜びとともに穀物の束を持ってくるのだ」

 いずれも艱難(かんなん)辛苦が喜びによって報いられることへの希望が語られています。そして、根底には…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1229文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです