メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

被災ピアノ、音色再び 宮古・閉校の2小学校から「救出」 重茂半島縦断公演を実現 /岩手

宮古市の旧鵜磯小では、集まった地区住民らが懐かしい校歌を歌った。ピアノは今後、近くの公民館で保管される=宮古市重茂で

 本州最東端にある宮古市の重茂(おもえ)半島で13日、閉校した小学校2校のピアノ3台を使った演奏会が開かれた。どれも、東日本大震災の影響で解体作業が進む校舎から運び出されたピアノ。校歌も弾かれ、住民や卒業生らは「学校のイベントで必ず使われていたピアノ」「いい音がする。今後も誰かに使ってほしい」などと懐かしんでいた。【中田博維】

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文824文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです