メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その1) 瞳輝くメロディー

自身が作詞作曲した「くじらぐも」の演奏を聴き終え、拍手する加藤旭さん=東京・銀座で、丸山博撮影

 よく晴れた冬の昼下がり。神奈川県鎌倉市の閑静な住宅街にある自宅の一室で、加藤旭(あさひ)さん(16)は恩師ともいえる昭和音大准教授、三谷温(みたにおん)さん(56)と打ち合わせをしていた。

 旭さんが幼少期に作曲したピアノ曲の楽譜発刊や新曲の発表会、鳥のさえずりや川のせせらぎなど自然音を使った曲への挑戦……。「いろいろ考えてみよう」。三谷さんが話しかけると、ベッドに横たわった旭さんは「はい」とうなずいた。13歳で脳腫瘍を発症し、視力をほぼ失ったが瞳は生き生きと輝いて見える。

 旭さんは同市の栄光学園高等学校1年生。中学の頃から闘病生活を続け、現在は自宅療養している。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文808文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  4. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです