メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その2止) 僕がいる意味って

放射線治療で入院中の手帳で「make a wish(願い事をする)」と書かれたページの冒頭に、「自分の作った曲をなにかに役立てたい」とつづった=横浜市内で、宇多川はるか撮影

 <1面からつづく>

 ◆自問続け「誰かの役に立ちたい」

ひらめきの480曲

 加藤旭(あさひ)さん(16)=神奈川県鎌倉市=が頭痛を訴え出したのは2013年10月初旬、部活動のバドミントンに励む中学2年の秋だった。家族は初め、「ぜんそくのせいかな」と考えた。その持病は、低気圧の影響で発作が起きやすくなるとされ、台風の季節になると、調子を崩すことが多かったからだ。

 しかし、痛みはやがて勉強を妨げるほど強くなり、ある日、授業中に耐えられなくなった。「病院へ行く」。…

この記事は有料記事です。

残り4712文字(全文4942文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです