メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小澤さんグラミー賞

評論家の平野氏「歌劇で受賞は快挙」

 米ロサンゼルスで15日(日本時間16日)に発表された第58回グラミー賞で、最優秀オペラ録音部門を受賞した指揮者の小澤征爾さん(80)。音楽評論家、平野昭さんは「交響曲でなくオペラ、それも上演機会が少ない20世紀作品で日本人指揮者が評価された意義は大きく、快挙と言っていい。音楽祭に小澤さんの恩師、斎藤秀雄さんの名を冠していた時代の名残であること、小澤さんが大病からの復帰を果たしたこと、地元・松本の子どもも多数参加していたこと−−あらゆる意味で記念すべき公演だった。小澤さん自身も、一つの頂点を極めた手応えを感じているだろう」と話した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
  2. 牧太郎の大きな声では言えないが… 「横綱の暴行」で稼ぐのは?
  3. 綱の失墜 日馬富士暴行問題/下 重し消え、変節する白鵬 崩れる伝統・秩序
  4. フィギュアスケート 羽生「腱と骨にも炎症」コメント追加
  5. 相撲協会 元日馬富士処分は「引退勧告相当」提案へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]