メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

評論家の平野氏「歌劇で受賞は快挙」

 米ロサンゼルスで15日(日本時間16日)に発表された第58回グラミー賞で、最優秀オペラ録音部門を受賞した指揮者の小澤征爾さん(80)。音楽評論家、平野昭さんは「交響曲でなくオペラ、それも上演機会が少ない20世紀作品で日本人指揮者が評価された意義は大きく、快挙と言っていい。音楽祭に小澤さんの恩師、斎藤秀雄さんの名を冠していた時代の名残であること、小澤さんが大病からの復帰を果たしたこと、地元・松本の子どもも多数参加していたこと−−あらゆる意味で記念すべき公演だった。小澤さん自身も、一つの頂点を極めた手応えを感じているだろう」と話した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立小中 授業料支援へ 年収590万円未満の世帯
  2. キリン 「氷結」発売中止 原料果汁に問題
  3. プロ野球 広島、CS進出決定 DeNA連勝3でストップ
  4. 新潟・泉田知事 出馬撤回 柏崎刈羽原発、再稼働に影響
  5. 体感治安 大阪最下位 警察庁が初調査、警察信頼度に比例

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]