メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

古希を超えても若々しいバレンボイム

写真提供=東芝グランドコンサート事務局(C)堀田力丸

 15分、いや20分はゆうに続いた。マエストロ当人が制しなければ、まだまだ拍手は鳴り止まなかっただろう。 

 2月20日土曜日の東京・サントリーホール。満員の聴衆がスタンディングオベーションでたたえたステージにはダニエル・バレンボイム(73)とシュターツカペレ・ベルリン(ベルリン州立歌劇場管弦楽団)メンバーの晴れやかな顔があった。

 それにしても圧巻の総立ち拍手だった。思い出したのは1993年5月の南仏カンヌ国際映画祭。中国のチェ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです