メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

平野啓一郎さん 「小さな声」に耳を澄ます 小説『マチネの終わりに』で描いたこと

=東京都千代田区で

 繊細なクラシックギターを通奏低音とし、40代の恋愛や生きづらさを描く平野啓一郎さんの小説『マチネの終わりに』(毎日新聞出版)が好評だ。本紙朝刊に昨年3月〜今年1月連載され、幅広い年代から支持を集めた。平野さんに聞いた。【鶴谷真】

 マチネとは昼の公演のこと。主人公の蒔野(まきの)は天才的なギタリストだ。「大声競争のような資本主義社会の中で、現代人の疲れを感じていました。耳を澄まさないと味わえないクラシックギターを小説に書こうと思いました」。心に傷を負ったイラク難民の若い女性を、蒔野が演奏で癒やす場面がある。小さな音色に導かれた描写という。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 高橋留美子さん欧州最大規模の漫画祭でグランプリに 「極めて進歩主義的」
  3. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  4. 「劇的ビフォーアフター」工事会社と朝日放送などが和解 2700万円追加費用発生で訴訟
  5. ソウル中央地検、前最高裁長官を逮捕 元徴用工訴訟に絡む職権乱用などの容疑

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです