メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

平野啓一郎さん 「小さな声」に耳を澄ます 小説『マチネの終わりに』で描いたこと

=東京都千代田区で

 繊細なクラシックギターを通奏低音とし、40代の恋愛や生きづらさを描く平野啓一郎さんの小説『マチネの終わりに』(毎日新聞出版)が好評だ。本紙朝刊に昨年3月〜今年1月連載され、幅広い年代から支持を集めた。平野さんに聞いた。【鶴谷真】

 マチネとは昼の公演のこと。主人公の蒔野(まきの)は天才的なギタリストだ。「大声競争のような資本主義社会の中で、現代人の疲れを感じていました。耳を澄まさないと味わえないクラシックギターを小説に書こうと思いました」。心に傷を負ったイラク難民の若い女性を、蒔野が演奏で癒やす場面がある。小さな音色に導かれた描写という。

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1048文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]