メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽ワークショップ

演奏家が小学校で授業 生のサックスに想像膨らませ 下関 /山口

大石さんの演奏を聴きながら即興で絵を描く子どもら

 サクソフォン奏者、大石将紀さんとピアニスト、新居由佳梨さんによる音楽ワークショップが27日、下関市豊浦町の市立小串小(中野俊尋校長、全校児童64人)で開かれ、5年生15人と保護者ら7人が参加した。

 大石さんは「この演奏は甘い? しょっぱい?」「次の演奏は春? 夏?」などと問いかけながら、演奏を披露した。演奏後には「どうしてそう感じたの?」と問いかけ、子どもたちは「もみじが散って川に流れている感じがしたから秋だと思った」「寒くて凍えそうでつらそうな感じだから冬」などと答えていた。

 次に3枚の絵を見せながら演奏し、音楽に合う絵を選ばせた。参加者は「家族3人が歩いている絵で、背景が…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文659文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  2. 近鉄 南大阪線、26日にも再開 橋脚傾き運転見合わせ
  3. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
  4. ストーリー 大川小「無念と責任」胸に(その1) 教員遺族、語り継ぐ
  5. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]