メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

繊細に 心も爪弾いて 仏の名曲集めた新盤発表

デビューから16年を迎えた大萩康司。独奏だけでなく、室内楽にも力を入れていきたいという=大阪市北区で、梅田麻衣子撮影

 奏でる音色は繊細で優しく、じんわりと心に染み渡る。ギタリストの大萩康司が、新盤「天の三羽の鳥」(ビクター)を発表した。19歳から6年間留学した仏の名曲ばかりを集めた思い入れの強い1枚になっている。

 留学中の1998年、難関といわれるハバナ国際ギター・コンクールで2位となり、これまでに14枚のCDを発表している。「キューバであったコンクールをきっかけにデビューしたので、中南米音楽を取り上げる機会が多かった。でもせっかくパリで勉強したので、ヨーロッパの音楽をやりたい気持ちはすごくあった」と話す。

 タイトルは1曲目に収録したラベルの「天の三羽の美しい鳥」から付けた。同じラベルでも、アルバムの最後…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1202文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです