メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー

さまざまな視点があるからこそ、この世界は自由で素晴らしい 森達也監督・後編

「ドキュメンタリーは撮る側と撮られる側の相互作用」と語る森監督(C)2016「Fake」製作委員会

 ゴーストライター騒動で話題になった佐村河内守氏の素顔に迫るドキュメンタリー映画「FAKE」が現在公開中の森達也監督。インタビュー後編は「信じること」について、また「衝撃のラスト12分」について聞いた。(前編「なぜ佐村河内氏を被写体に選んだのか?」はこちら)【聞き手・西田佐保子】

悲しみは普遍化できる

 ――映画の冒頭、「二人の怒りではなく、悲しみを撮りたい」と宣言しています。

 編集の時はいろいろ考えるけど、現場で実際に会話しているときは、あまり深く考えずにしゃべっていること…

この記事は有料記事です。

残り3429文字(全文3667文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  4. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]