メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤旭さん

遺作に拍手 オーケストラ演奏 /神奈川

故加藤旭さんが作曲した曲の演奏を聴き終え、拍手をしながら旭さんの遺影を見つめる父康裕さん(左)と母希さん=東京都中央区で、徳野仁子撮影

 脳腫瘍で5月20日に16歳で亡くなった加藤旭(あさひ)さんが闘病中に作曲した作品が5日、東京・銀座のヤマハホール(東京都中央区銀座7)で開かれたオーケストラ公演で演奏された。加藤さんの家族が旭さんの遺影を持って会場入り。変化に富んだ美しい旋律に、約300人の聴衆は大きな拍手を送った。

 公演は、旭さんにピアノを教えた昭和音大教授のピアニスト、三谷温さん(56)が代表理事を務める音楽活動団体「アーツスプレッド」が主催。前半のモーツァルト、ハイドンの曲の後、旭さんが昨秋以降病床で完成させた「船旅」と「A ray of light」を三谷さんがピアノで独奏した。

 2曲の演奏後、旭さんの父康裕さん(45)が旭さんの遺影を持って客席で立ち上がると、聴衆は遺影と家族…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文758文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. 大阪震度6弱 安倍首相、21日に被災地視察
  4. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  5. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]