メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいにちクラシック

シンフォニー・オブ・ザ・エア 別れのタクト 1955年5月16~25日の紙面から

兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で公演された「シンフォニー・オブ・ザ・エア」による大学生のための演奏会=1955年5月9日撮影

 1955年5月に来日した元NBCトスカニーニ交響楽団「シンフォニー・オブ・ザ・エア」は、東京、大阪など9都市で17公演を行い、音楽ファンを魅了しつくしました。「学生はモノにつかれたように聞きほれ」「尽きることを知らぬメロディーは泉のように流れ出し」「指揮者も演奏者も聴衆も共感に結ばれて会場はただ感激のルツボと化した」……。このうえない賛辞が並んだ毎日新聞の当時の記事の一部をご紹介します。

この記事は有料記事です。

残り5170文字(全文5367文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです