メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいにちクラシック

シンフォニー・オブ・ザ・エア 別れのタクト 1955年5月16~25日の紙面から

兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で公演された「シンフォニー・オブ・ザ・エア」による大学生のための演奏会=1955年5月9日撮影

 1955年5月に来日した元NBCトスカニーニ交響楽団「シンフォニー・オブ・ザ・エア」は、東京、大阪など9都市で17公演を行い、音楽ファンを魅了しつくしました。「学生はモノにつかれたように聞きほれ」「尽きることを知らぬメロディーは泉のように流れ出し」「指揮者も演奏者も聴衆も共感に結ばれて会場はただ感激のルツボと化した」……。このうえない賛辞が並んだ毎日新聞の当時の記事の一部をご紹介します。

この記事は有料記事です。

残り5170文字(全文5367文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです