メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいにちクラシック

シンフォニー・オブ・ザ・エア 別れのタクト 1955年5月16~25日の紙面から

兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で公演された「シンフォニー・オブ・ザ・エア」による大学生のための演奏会=1955年5月9日撮影

 1955年5月に来日した元NBCトスカニーニ交響楽団「シンフォニー・オブ・ザ・エア」は、東京、大阪など9都市で17公演を行い、音楽ファンを魅了しつくしました。「学生はモノにつかれたように聞きほれ」「尽きることを知らぬメロディーは泉のように流れ出し」「指揮者も演奏者も聴衆も共感に結ばれて会場はただ感激のルツボと化した」……。このうえない賛辞が並んだ毎日新聞の当時の記事の一部をご紹介します。

この記事は有料記事です。

残り5170文字(全文5367文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 欅坂46 ナチス制服似衣装、秋元康氏ら謝罪
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです