メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

from OTTAVA

人を喜ばせるのが好きな“声の職人” 森雄一さん

「人を喜ばせるのが好き」とマイクに向かう森雄一さん

「PrimeSeat/OTTAVA Salone」(月、火曜午後6~9時)

 「森さんの声は特徴あるよね」という一言でサラリーマンとは別の生き方に目覚め、「おまえの声には愛がねえよ」と言われてディスクジョッキー(DJ)で生きる覚悟を決めた。クラシック音楽専門のインターネットラジオ「OTTAVA」で、「PrimeSeat/OTTAVA Salone」月、火曜を担当する森雄一さん(47)は芸能事務所「サンディ」所属の“声の職人”だ。「テレビやネットと違って、ラジオは一対一のメディア。皆さんではなく『あなた』に話しかけ、『あなた』がどんな球を投げ返してくれるか、想像しながらマイクに向かっています」

 27歳からアナウンス学校に通い、30歳で政府観光局を退職、半年後にFM大分でDJデビュー。2002…

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1415文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです