メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災者、音楽で心癒やす 女性指揮者、西本智実さんが復興コンサート開く 「祈りささげたい」 熊本、益城 /熊本

ボランティアコンサートで指揮する西本さん(中央)

 世界的女性指揮者、西本智実さんが17日、熊本市内や益城町で、イルミナートフィルハーモニーと復興支援コンサートを開いた。西本さんはたびたび熊本で演奏しており、今年5月にもモンテカルロフィルを指揮する予定だったが、熊本地震で中止になっていた。会場では「皆様とはいつもつながっているとの思いで演奏します」とあいさつ。なじみある曲を中心に奏で、訪れた人たちを感動に包み込んだ。

     西本さんはチャイコフスキー記念財団ロシア交響楽団芸術監督などを歴任し4年前にイルミナートフィルを結成。現在、同フィルの芸術監督兼首席指揮者、ロイヤルチェンバーオーケストラ音楽監督兼首席指揮者などとして国内外で活躍している。熊本市内の友人から相談があり「音や心による祈りをささげたい」と復興支援のボランティアコンサートを企画、準備してきた。

     この日、同市中央区二の丸の城彩苑ではピアソラのリベルタンゴなど4曲を披露。来場者約300人が見守る中、いつものエネルギッシュな指揮で会場を沸かせた。【大久保資宏】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 稀勢の里 北斗の拳「ラオウ」の化粧まわしを着用へ 「こういう姿になりたい」
    2. 今村復興相 「東北でよかった」発言と記者団への一問一答
    3. 今村復興相 パーティーで「東北で良かった」発言 辞任へ
    4. 今村復興相 また質問打ち切り 前回と同じ記者
    5. 今村復興相 東日本大震災被害「東北だったから良かった」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]