メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バッティストーニ

イタリア音楽で大切なのは“歌う”こと~東京フィル首席指揮者就任インタビュー(下)

インタビューに答えるバッティストーニ(C)Naoko Nagasawa

 今月1日付で東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に就任したイタリア出身の注目の若手指揮者アンドレア・バッティストーニ。若きマエストロは今後、東京フィルをどのような方向に導いていこうとしているのか。インタビュー後編では、その具体策に迫った。(聞き手 宮嶋 極)

 ――イタリア出身のマエストロはこれまで日本国内においても二期会とのヴェルディ「ナブッコ」上演、そして東京フィルとのプッチーニ「トゥーランドット」演奏会形式上演などで、センセーションを巻き起こすほどの成功を収めてきました。それだけに音楽ファンの間ではオペラに対する期待も大きいと予想されます。これから東京フィルと演奏会形式も含めてオペラに取り組んでいく計画はありますか?

 バッティストーニ(以下、B) 私の興味の中心にオペラがあることは間違いありません。私がイタリア・オ…

この記事は有料記事です。

残り3575文字(全文3943文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 大阪府北部で震度6弱
  2. 大阪震度6弱 9歳女児が心肺停止 高槻
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 大阪府内を中心に17万件停電
  5. 大阪震度6弱 首相官邸に対策室設置 菅官房長官

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]