メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災地に癒やしの調べ

山田和樹とウィーン・フィルのメンバーが被災地の子供たちとサントリーホールで共演

指揮を務めた山田和樹(中央)=写真提供:サントリーホール

 10月16日、山田和樹が指揮を務め、岩手・宮城・福島の子供たちとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団メンバーによる夢の公演が実現した。サントリーホールで行われたこの公演は、2012年、ウィーン・フィルとサントリーホールディングスが設立した「ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金」によるもの。双方が1億円ずつを出し合ったこの基金により、ウィーン・フィルのメンバーは12年から毎年被災地を訪れ、音楽による復興支援に力を注いできた。

 公演では、宮古高等学校吹奏楽部(岩手)、郡山市内中高生合同オーケストラ&合唱団(福島)、仙台ジュニ…

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1359文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです