メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

山田和樹(指揮者) 演奏で読み直しを 私財投じ、柴田南雄作品を企画

=写真家、山口敦撮影

 生誕100年、没後20年を迎えた作曲家の故・柴田南雄(みなお)が「知の巨人」として、改めて存在感を高めている。気鋭の指揮者、山田和樹は「その知の意味を探り、伝える」ため、私財を投じて柴田作品を特集するコンサートを企画した。

     ■  ■

 柴田の作品は言語的な探求と深いかかわりがある。立原道造のソネットの構造を歌曲の構造に取り入れた初期の《優しき歌》からそれは顕著だ。山田が指揮活動の初期に合唱を大きな領域にしていたことは、柴田の言語的な構造に気づくきっかけになったのではないだろうか。事実、山田は「柴田先生が言葉に厳しいこと」に注目する。

 「語源の解釈、言葉の正しい使われ方や変遷に厳格で、言葉の元を追求するところからファンタジーを広げて…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1112文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです