メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山田和樹のオペラ指揮に注目! 藤原歌劇団公演「カルメン」

山田和樹(C)山口敦
カルメン(3、5日)ミリヤ―ナ・ニコリッチ

 藤原歌劇団は2月3、4、5日に東京文化会館でビゼーの歌劇「カルメン」を上演する。主役のカルメン役2人は外国勢だが、ドン・ホセ役の笛田博昭、ミカエラ役の小林沙羅(いずれも3、5日)など若手の実力派が共演。国内外で躍進中の指揮者・山田和樹が、正指揮者を務める日本フィルハーモニー交響楽団を率いてオペラを指揮する注目の公演だ。 

カルメン(4日)ゴーシャ・コヴァリンスカ

 今回は、藤原歌劇団で「ラ・ボエーム」「ルチア」「ラ・トラヴィアータ」などを手がけてきた岩田達宗の新演出。主要な役柄はダブルキャストで、カルメン役には、セルビア出身でミラノ・スカラ座などで学んだミリヤーナ・ニコリッチ(3、5日)と、ポーランド出身でフランスで研さんを積んだ新鋭、ゴーシャ・コヴァリンスカ(4日)を迎える。ドン・ホセ役は、「トスカ」「カプレーティ家とモンテッキ家」などで好評を博した注目のテノール笛田博昭(3、5日)と、「仮面舞踏会」などを好演した藤田卓也(4日)が務める。エスカミーリョ役は須藤慎吾(3、5日)と、中国・山東省出身の王立夫(ワン・リーフ、4日)。藤原歌劇団の公演に初登場の小林沙羅(3、5日)と、同団生え抜きの伊藤晴(4日)がミカエラ役に初挑戦する。

ドン・ホセ(3、5日)笛田博昭(C)Taikan Usui

 スイス・ロマンド管弦楽団首席客演指揮者、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督兼音楽監督などを務める山田は、これまでにサイトウ・キネン・フェスティバルでオネゲルの劇的オラトリオ「火刑台上のジャンヌ・ダルク」(病気で出演をキャンセルした小澤征爾の代演)、サントリーホールのサマーフェスティバルでクセナキスの「オレステイア」といった作品を指揮しているが、東京でオーケストラ・ピットに入り本格的なオペラを全曲指揮するのは今回が初めて。日本フィルがピットに入るのも20年ぶりという。実は山田は「最初にやりたかったオペラはドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』だった」という。「ペレアスとメリザンド」は日本フィルが1958年にジャン・フルネの指揮で日本初演し、その評判から61年に国立パリ・オペラ座歌劇団が来日公演した際、「カルメン」の管弦楽を担当したという、同団にとっても重要なレパートリーだ。「まずは今回の『カルメン』を成功させたい」と意欲を示す山田。オーケストラや合唱団の指揮で「歌心」あふれる演奏を聴かせてきた山田が、歌手とオーケストラをどう歌わせ、この傑作オペラからどんなドラマを引き出すかが楽しみだ。【野宮珠里】

ドン・ホセ(4日)藤田卓也

公演日時とプログラム

【藤原歌劇団公演 ビゼー「カルメン」】

2/3(金)18時半/4日(土)14時/5日(日)14時  東京文化会館

※字幕付き原語上演/上演時間:約3時間30分

総監督:折江忠道

演出:岩田達宗

指揮:山田和樹

管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団

 

エスカミーリョ(3、5日)須藤慎吾

キャスト

3、5日

カルメン:ミリヤ―ナ・ニコリッチ

ドン・ホセ:笛田博昭

エスカミーリョ:須藤慎吾

ミカエラ:小林沙羅

スニガ:伊藤貴之

モラレス:押川浩士

フラスキータ:平野雅世

エスカミーリョ(4日)王 立夫(ワン・リーフ)

メルセデス:米谷朋子

ダンカイロ:安東玄人

レメンダード:狩野 武

 

ミカエラ(3、5日)小林沙羅(C)Hitoshi Iwakiri

4日

カルメン:ゴーシャ・コヴァリンスカ

ドン・ホセ:藤田卓也

エスカミーリョ:王 立夫(ワン・リーフ)

ミカエラ:伊藤 晴

スニガ:田島達也

モラレス:月野 進

ミカエラ(4日)伊藤 晴(C)Katsuhiko Kimura

フラスキータ:尾形志織

メルセデス:増田 弓

ダンカイロ:坂本伸司

レメンダード:琉子健太郎

 

合唱:藤原歌劇団合唱部

児童合唱:東京少年少女合唱隊

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  2. LINE 重点市場でも利用者減少 「成長の壁」鮮明に
  3. 海難事故 海上タクシー船でアイドルらけが
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 津波 バクテリアで軽減へ 高知コア研究所

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]